2019年10月09日

秋のドライブ:岐阜県編、完。

19.jpg

晴天!秋晴れ!の岡崎市でございます。
ちょっと肌寒さはあるけれど、秋の香りを感じられるようで心地いい〜

こんな日は朝からのデスクワークがはかどる。

6.jpg

前回の記事に続きまして、
トヨタスタジアムで開催された日本VSサモア戦の道路整備の名残がある中、
岡崎ICから入り、宙に浮かぶ川は板取キャンプに向かいました。

道中、私たちの好奇心をくすぐる場所をまた発見。

そこは、板取川 洞戸観光ヤナ(読:ほらどかんこう)でした。

4.jpg

上の画像は、竹で手作りされた仕掛け。
太い縄を綺麗に編み込み、竹の隙間からは流れる川が見えて
立っているとギシギシ音がして、ちょっと怖い。

川の水の透明度は高く、
触れてみるとひんやり。

とても美しい川です。

1.jpg

川沿いに面した鮎を楽しめる食堂がありまして
そこで鮎焼きだけを頂きました。

1.jpg


テーブル毎にグリル機が設置されていて、
串刺しにされた生の鮎に、
テーブル脇にあるお塩をセルフで振りかけて、セルフで焼く。

体半分、次に反対。
そして、鮎を立てて背の部分と、裏にして、おなかの部分までじっくり焼き。

グリル機に近づきすぎるとこちらまで熱くなるので
やけど注意です。

画像のようにじっくり焼けるので
後は、備え付けのお味噌、醤油、お塩などお好みで頂けます。

川魚って、どうしてあんなにたんぱくなのに
美味しいのでしょうね。

臭みが全くなく、ほろほろと口の中で溶けてしまうそう。

私たちが頂いたように鮎1匹620円だけの食事もOKですし、
コース料理も選べます。詳細はHPがあるそうです。

なんかもう、最終目的地に到着する手前で満足してしまい
食べ終えた時点で15時過ぎていたので、
今日のドライブはここを最終地点にして岐路に向かいました。

宙に浮く川はまた別の機会に。

この日の夜は、男子バレーの日本VSアルゼンチン戦が放映されていたので
手に汗握りながら応援しました〜
大勝利!に感動してしまった。

秋のドライブ、完。



mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月07日

秋のドライブ、岐阜県編。


9.jpg

岐阜県のとある場所に、宙に浮いているように見える川あり。

透明感高いため水の上を浮いているような撮影したくなるそこへ
TV番組で知ってから、行ってみたいと思っていまして、
そこは板取川です。

先日、急遽2時間で仕事を終えた主人と向かい
私たちが出発した岡崎から
東海北陸自動車道をひたすら北上。

偶然立ち寄った美濃加茂SAのぎふ清流里山公園が予想外に楽しくって
その画像たちです。

景色を眺めて、お散歩しているだけでも
秋を全身から感じられる。

8.jpg

子供たちが楽しめそうな巨大アスレチックスや、
画像ではうまく見えないけれどオレンジ色した綺麗な銀杏が実をつけていたり。

6.jpg

なぜか巨大金魚が登場したり、
けん玉で遊べたり、
足湯で温まれたり、楽しいパークだった。

5.jpg

JAの売店で、主婦のお買い物。

めちゃくちゃな巨大なめこ300円や、
人参はあれだけはいって100円や、
生姜は150円や、
見事なぷりぷりしいたけが300円や、
無添加のシソふりかけは200円くらい。

1.jpg

材料たちはお味噌汁の具材にして
たっぷり秋を頂きたい。

あとはニンニクは190円や、
沖縄ではたびたび購入していた四角豆は100円でしたよ。

栗は、道中またまた栗の木がところどころにあって
また、(笑)拾ってしまいました。

小腹も空いたことなので、ランチを済ませてから
板取川へさらに車を走らせる。

続く。



mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月06日

乙事主?


5.jpg

先日、ドライブで行った
三河湖周辺のとある飲食店のだだっ広い駐車場の脇におられた猪。

どこかで見覚えがあるような・・・
そう、もののけ姫の映画に登場する乙事主様。

主の若かかれし頃かな。

下歯と言えばいいのか、するどい牙は安全対策のためかカットされて
動きも穏やかな。

無計画の秋のドライブ、意図しない出逢いが待っていて楽しい。







mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月01日

好きなことだけをして、自由な人生を手に入れよう!

1.jpg

10月、ですね。

秋の香りに誘われ、仕事が休みになった主人と
所要を済ませた午後から三河湖までのドライブを楽しんだ。

そんなに広くない三河湖を一周しながら
途中、舗装されていない箇所もあったりして
アスファルトのいびつ感が、日本ではないどこかの海外へ居るようなロケーションを思わせ旅行気分に浸った。

道中、栗の実が落ちていたので、栗拾い。
秋を締めくくったような気がした。

好きなことをする時間。

好きなことだけをして、自由な人生を手に入れよう!という時代の風潮に
飲まれないように居たい、とつくづく思う。

一人1台のスマートフォン時代に
調べたいことも、お買い物も、余暇も、出会いも、人間関係も、人によっては仕事をも与えてくれ、
これ1台で人生を満たしてくれる。

おまけに、好きな情報だけを受け入れることができるし、
気のあいそうな好きな人だけ集まるコミュニティに関わって、
心地のいいことだけを受け入れることだって徹底できる。

これってつまり、
自分にとって、不都合で耳障りな、
自分にとって不快な人やコミュニティは拒絶してしまえ、て追求も可能であるし、
やろうと思えば、外出せず、世間様と交流せずに、食べていくことさえ可能。

でも、心地よい空間だけの生活、
不都合な不快な環境を受け入れない、
こうした生活感一色それだけでいいのでしょうか。

好きではないことを一切受け付けなくなってしまった暁には
どんな自分が待っているのでしょう。

考えるだけでも怖い。

「試しに今日スマートフォンを触らない日を送ってみようよ!」と
冗談半分に主人に話したら半キレの顔だった。
ゲームがお友達ですので。汗。

思いもよらない新しい発見が
あるのかもしれないのになあ。

栗拾いが楽しいと心底思えてしまう私は、もう古臭い人間になりつつあるのだろうか。
好きなので仕方ない、楽しいものは楽しい、ものです。

そんなこんなで、今日から10月です。




mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年09月30日

模索している頃。


1.jpg

いつかしたい。そのうちしたい。

新しい出会い、引っ越し、転職、起業、買い替え、旅行、ダイエット。

こんなことぼんやり考え始めると、
単純に自分に自信がないのか、
それとも、その先何が起こるか分からない不安が邪魔して
思いとどまる。

見えないことへの不安しかないのなら当然今すぐ動けないだろうし、
不安以上にやりたい!得たい!欲が勝っているなら、反射的に今すぐ動くのだろう。

にしても、あれこれ頭の中で考えすぎるほど、動けない。
そんな自分が嫌。

そこで、その道で成功している人の経験談や、成功論とか、幸せ論の類に耳を傾けると
「したいことを今すぐ実行できないなら、何をしても実らないだろう。」
とのニュワンスに刺激を受け、背中を押される。

そうか、できない言い訳をするくらいなら、今すぐやってみよう、と。

ぼんやりでも、したいことがやがて目先の目標になれば、あとはひたすら走り続けるだけ。

もちそん、走ることで失うこともあるだろうし、傷つくこともあるだろうし、
目的が何であろうと得る以上のリスクは、対価のよう。

だとしても、走ってしまえば模索していた頃を、懐かしむ時が必ず訪れる。

なぜあんなに不安がって、行動するまで時間をかけてしまったのだろう。
こんなことならもっと早く動いておけば良かった、と。

新しい挑戦に飛び込むって本当に勇気のいることだけれど
やってみたら、案外すんなりいってしまうことも
少なくない、と思うと、とりあえずトライしてみよう、なんて思う私がいる。

リスクばかり考えていれば、何もできない。

模索したり、新しく挑戦したいことがあるって
幸せな悩みなんだとさいきんつくづく思う。

画像は、去年模索していた時の私です。











mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年09月26日

ちょっとバタバタしています。


2.jpg

今年は平成から令和へ、そして10%への増税と何かとせわしない。

そのせわしなさの波に勝手にのっているかしら、
私自身も引っ越し、そして新しいパートと、公私共にバタバタと充実した生活を送る中、頼んでいた新PCが先日納品され、
設定は無事完了。

新PCから初の更新ですが、調子よし。



1.jpg

ついで、実家で棚変わりに使われていた
私がひそかに狙っていた本革のソファを実母がやっと譲ってくれて
我が家のリビングに出迎えた。

実際搬入してみると意外な大きさに、急遽模様替えしたら
これまたしっくりする室内になった。

模様替えした定位置がまだ不慣れで、
それが友人宅にお呼ばれしてもらったみたいな異空間となっていて、これまた事務作業がはかどるという。

といっても、まだまだ殺風景なこのリビングに
一日でも早く棚をこしらえたいけれど、日ごろの生活や仕事しながらのDIYはなかなか進まないもので。
もはや、未完成なリビングに愛着すらわいているという、これでいいんだっけか。


そんなこんなの、9月も残り僅かな秋晴れの今日。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

精米機へ。


1.jpg
実母から、農家の方から玄米になる前の米を頂いたと連絡が入り、
精米機へ行ってみた。

JAそばにはたいてい設置されている精米機。

お米を機械まで運び、専用口に米を投入し、指定ボタンを選択し、料金を支払い、受け袋を設置し、
精米できたお米を再び車まで運ぶすべての工程はセルフ。

30キロの米であれば300円の精米料金は
地域によって異なるのかしら。

精米度合いも4レベルから選択できるようになっていました。

無人とは言え、個室になっている入り口は施錠管理されているので
24時間ではないのね。

そもそも、精米された状態でお米を購入しているので
精米機を利用する機会がないので、いい経験になったなあ。

父曰く、精米したてのお米が美味しいらしい。





mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年09月23日

増税前のお買い物。


5.jpg

増税前に我が家のあれこれを買い替えている。

主人は以前から狙っていたAir Podsを購入した。
仕事上、移動中にクライアントさんと通話することが大半なので
扱いにくかったコードイヤホンからこれで解放される。

6.jpg


bluetoothデバイスに接続するだけで、着信あっても液晶に触れることなく、イヤホンをタッチするだけでONとOFF出来るし、右イヤホンを耳に装着しただけでイヤホンに自動的に切り替わるなんて、
失くしてしまいそうなコンパクトなサイズに高機能が詰まったワイヤレスは、デザインだけでないスタイリッシュさ。

かっこいい!

あとは、先日発売されたiphone11を狙っていて、まだ手にしていないのに彼は興奮気味。。。

14.jpg

私は、中古の自転車を購入してもらった。

実は、一昨年まで住んでいた沖縄生活も1年間は自転車を使用していたのだけど、
恥ずかしいかな私、転倒症候群。汗。

どれだけ気をつけて運転していたって、
ちょっとした砂利だったり、
見落とした細い溝にタイヤを取られたり、
なので車体がね、傷ついてしまうのです。

なので、新品を購入すると絶対後悔するので敢えて中古を探していたら
先日、洋服をリサイクルショップに出しに行った際、
これだと思う品に出逢えて、嬉しかったなあ。

私にはちょっとまたぎにくい高さだけれど、グレーのタイヤやフレームのブルーのお色がお気入り。


あと、増税前のお買い物は、洗濯機と、PC。
ちなみに、W7が来年1月4日、W8.1は2023年1月10日に
OSの延長サポートが終了してしまう。

いずれにしても、私たち夫婦には
仕事上必要なコストなので、何とか増税前に揃えられそうなので安堵。

増税前に新築を契約した主人の友人がおりますが、
たかが2%のUPとて、例え仕事上の必要経費でも、痛い額でございます。

頑張って働こっと。



mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年09月13日

秋晴れの空を眺めながら。


1.jpg

身に着けるだけでワクワクしてくる、楽天でオーダーしたウエストポーチがやっと届いた。

貯まった楽天ポイントを全部使いきったら
500円少々でゲット。よくやった!

4.jpg

9月2週目にはいり、とっても清々しくなった秋晴れに恵まれ
車での移動が損をしているような
そのくらい本当に心地よい、風が気持ちがいい季節への突入でございます。

気分が清々しくなると、掃除もはかどる。
着なくなった洋服をごっそり処分した。

t.jpg

お気に入り!なのに手を通さないままの服や、アクセサリーなどなど、処分品は30L用のゴミ袋ざっと3袋分。
クローゼットはかなりすっきりしたけれど、まだ、処分できそうな気がしている。

リサイクルで処分すると、ブランド価値を思い知らされる。

袖を通してない新品でも、無名だと数十円の価値にしかならず、
着崩れた中古品でもある程度の損傷ならブランドのタグたついているだけで、数百円、数千円で買い取られる。

私の出した処分品は、3000円の現金になったけれど
9割以上は買い取れないとのことで、破棄してもらった。

これから購入するなら、処分する時を想定して選びたいと心底思った。

千円で買えるシャツを何枚も購入して、選択肢を増やすファッションを楽しむより、
数カ月我慢してでも1万円のシャツを購入して、品のあるファッションを楽しめたらなあ、と
お気に入りのウエストポーチ身に着けて、秋晴れの空を眺めながら、ふと。








mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年09月10日

自分の中の引き出しを増やしていきたい。

4.jpg

今日日中の愛知県三河地方、最高気温37度だなんて9月とは思えない。

炎天下の中、今日も往復2時間のウォーキングを達成したけれどこの際、綺麗事は言ってられない。とにかく、くそ暑かった。

でも、この暑さ、もう長くないと思うと、来週にはこの暑さも和らぐようなので名残惜しい。

ウォーキングの醍醐味と言えば、何だろう。
減量、健康維持はもちろん景色を見たり、植物を楽しんだり、好みの異性とすれ違いを意識できたり。

景観を楽しもうとすると、車を運転していると難しい。

個人的にはウォーキングを始めたおかげで、岡崎市天下のカクキューさんが身近な存在になり、いつか、見学にいかないとね。

私は、マンションや一軒家を眺めながら、ここに住む人が日頃何を考え、どんな人生を送りながら暮らしているのか想像を巡らせるのが楽しい。

住居って、面白くパターン化できる。

ガーデニングを楽しんでいるような手入れの行き届いた家や
自営をかねているのか庭に無造作に資材置き場にされている家や
何枚も同じ政界のポスターを貼っている無機質な家や
ただ建っているだけの生活感を感じさせない家まで、実に様々。

一軒家に限らず、賃貸だろうとこの様は変わらない。

朝7時台に歩いていると、ついうっかり玄関先で住居者と出くわしてしまう事があるけれど、ここでも、私の中に、あるパターンができあがっている。

ガーデニングを楽しんでそうな住居者は、見ず知らずの私に挨拶を交わす。
そうでない家の住居者は、みな無反応。
すべてではないけれど、おおまかにこうだ。

この違い、興味深い。

偏見とか、先入観で分けていることではなくて、私はリュックしょって、サングラスして、首や顔にタオル巻いて、汗だくになって歩く単なる通行人にすぎず、その通行人の私にさりげなく挨拶を交わし、その方にどんなメリットがあるのだろう。

そうそう、一昨年、沖縄に移住している頃、よくすれ違うご婦人がいらした。
いっつも笑顔で、見ず知らずの私に挨拶をする。

単なる挨拶で始まったコミュニケーションがいつしか、世間話まで発展し、私が沖縄を発つ時には、お別れの琉球グッズプレゼントまで下さった。

そこも、手入れが行き届いたガーデニングを楽しんでいるような華やかな家だった。

人は、自分にとってメリットのある事だけに行動を起こすよう、皮肉にもそうプログラミングされていると言う。
もしこの仕組みが事実だとしたら、居住地の治安によって変動するだろうけれど、見ず知らずの人に挨拶をする人としない人がなぜ別れるのか、自分はどうするか、考えてしまう。

たががコミュニケーション、されどコミュニケーション。
何のメリットもないようなコミュニケーションの違いがそのまま家の扱い方にリンクしているような気がしてならず、くそ暑いウォーキングのはずなのに、私の経験則の引き出しがまた一つ、増えている。









mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================

2019年09月04日

身勝手な綺麗さ感覚を一撃。


line_1566797957784.jpg

ブクブクと静かな音が響いて、ブルーのライトが光る水槽を部屋に置いてみたいなあ。
ぶつぶつ考えていたら、偶然友人から金魚鉢をもらった。

暑さが和らいだら、魚飼いに挑戦しようと思い、
早速メダカを我が家に招き、飼い方のノウハウを調べてみた。

もらった金魚用のエサを与えみたら、物凄い食いっぷり。
ところが、2日すると水が濁り始め、慌てて、水の入れ替えをしたが
2匹は逝ってしまって、エサをストップしたら透明度が戻った。

メダカは肉食だと初めて知った。
水草に潜むバクテリアや、小さな昆虫がご馳走のようで
メダカ自身や水中植物の新陳代謝と共に、水の浄化を自らしているって、なんたる合理さ。

私の綺麗さは、もはや勝手都合。
メダカ環境のルールが異なるとは、また一つ自然界の法則を学んだ。

広い部屋の小さなケース内で泳ぐ小さな存在、なはずが、もはや我が家では存在感大。
よ〜く見ると、オレンジ、白、ブルーがかった異なるタイプが集合していて、殿姫も混。
いつか卵を産んで、賑やかなファミリーになってくれることを願って、すでに9月へ突入。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================

2019年08月31日

季節が変わるこのタイミングで。






月が替わるだけなのに、夏が終わそうな風情を8月に感じながら明日からはいよいよ9月。

季節が変わるので、なんて意味付けはまったくなく、今の新居へ引っ越しして丸4カ月が過ぎるので、自分の中でイメージしてきた居心地いい生活空間へあと2カ月で仕上げよう、なんぞ企てている。

YouTubeサーフィンをしていたら、上位にヒットしてきた歌舞伎町で人気NO1ホストだった生活観皆無かと思わせるローラという方がいて、何本か視聴してみた。

この方、今は引退し、事業家として活動中らしいが、成功者の典型的なきらびやかな物質で身を包み、
住まいは、電気コードやコンセント口までに渡り、生活観をあえて出さないようにリフォームをかけているって。

また、外出用、スポーツ用、催し用、などシーンに合わせた靴や洋服はそれぞれ1点毎にしているようで、同系の品に対して、お気に入り1点以上は不要だという徹底ぶり。
彼曰く、自分は究極なミニマリストなので、好きなもの1点あればそれでいい、らしい。

確かに、お気に入りの洋服が何着もあれば、出掛け間際、迷う時間がかかるし、保管や手入れのコストもかかれば、物が増えるのでその分、空間が死んでしまう。

コスト以前に物を最小限に抑える。
これが出来れば、その分時間が捻出できるし、些細な時間とて、積み重ねれば膨大になる、という考えは確かに同感だ。

といっても、動画配信側の都合で編集されていると分かった上で、
それでもご本人の語る口調からは、元ホストが故の隠せない人間臭さがしっかりにじみ出ていた。

「ホストでも常にトップを目指していた。だから完璧でなくては落ち着かない。でも、こんな潔癖のような生活をしていたら自分は結婚できないかも。結婚が、向かないかもね。」と、ぼそっとつぶやいたシーンがあり、
華やかに演出しながらどこか哀愁を漂わせ、案外、客観的に自分を見ている方なのかもしれないなあと、そのギャップには感慨深いものがあった。

完璧な生活(ビジネス)への拘りに、犠牲はつきもの?

さすが、元ホストはちゃんと落ちを突いておられる。

自分にとって居心地のいい生活空間に、必要な物、不要な物。
季節が変わるこのタイミングでブラシュアップしてみるのも悪くないなあ。







mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================

2019年08月30日

秋めいて。


栗.JPG

大きな栗の木の下で〜♪

おはようございます。
朝から雨模様の岡崎市より、秋をお届けします。

この画像、フォーカスしてみると、若草色したトゲトゲが見えるのですが
大きな実をつけた栗の木はお見事。

岡崎市をはじめ、私の故郷三河地区は、山に囲まれた自然豊かなエリア。
至るところで栗の木は、実をつけております。

近所のミニストップもマロンソフトクリームを販売し始めたし、栗シーズン突入ですな。

たこ.jpg

続いては、先日、海好きの仕事関係者に便乗させてもらったタコ漁へ行った旦那さんの収穫。
画像からすると大した大きさに見えなさそうだけれど、実物は結構なサイズ感。

この大きさで卸だと2500円以上はするはず。いや、もっとか?
海外では嫌われ者さんなのに、日本では人気者と言う、とにかく、タコって、日本では安価じゃないんですよね。

ただ、生のまま頂戴しても正直あまり嬉しくない。
なぜって、にゅるにゅる滑るタコちゃんに、塩をぶっかけ、ボールで髪をとかすようにひたすらもんで、2回くらいそれをやって、水でしっかりすすがないといけない。

この下ごしらえが手間、以前にぐろいのがちょっと。汗。
もし生きていたら、吸盤に勝てるはずがないだろうから、プロってどうやってるのでしょうねえ。
私は、厚手のゴム手袋をしてなんとか格闘したが、内臓が詰まった頭部は本当にぐろい。汗汗。

もっとサイズがあれば、刺しでいけるし、このサイズでも、茹でてお醤油で頂いたり、たこやき、アヒージョなどなど、タコレシピは豊富。
我が家の定番レシピは、バジルとガーリックと塩をオリーブオイル。

この時期の漁なので、タコも秋の代表的な選手なのでしょう。

山からも海からも、秋の食材を楽しむ。
何より美味しさを際立させてくれるのは、四季のおかげ、なのかもしれない。




mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================

2019年08月22日

ほどよい疲労感に続く爽快感。

4.jpg

がむしゃらになって汗を流して、ほどよい筋肉の疲労感の後についてくる爽快感。
やっぱりスポーツって好きだなあ。

先週末、ソフトバレーの得点係として
お友達が率いるチームが参加する大会へ顔を出させてもらった。

会場には他のチーム員などなど200名以上いただろうか。
バレー好きな市内の大人たち男女が集まって
現役時代、アタッカーだったでしょ?名プレイヤーがいるチームもいたり、
皆でぜったいに勝ちたい〜とギラギラなチームもいたり、
ただただ楽めればいいよ〜とリラックスしたチームもいたり、
私には見慣れない光景が新鮮でワクワクしたなあ。

参加すれば勝利したい欲がどうしても高まり、個人、チームのスキルが高まれば高まるほど結果に拘っていく。
スキルが高い人ほどに。

仕事もそうだけれど、結果に拘りすぎる高ぶりと比例して、感情も高ぶっていく。
その高ぶりを自分に向け、集中できる糧にしたい。
それが出来れば、一先ず、周りに迷惑をかけない程度のスキルは高められるはず。

けれど、他者に向かってしまった場合、事態は思わぬ方向へ。
不思議と、結果に拘り、感情が高ぶれば高ぶるほど人間関係のプチトラブルがついて回る。

個人でつき合えば悪い人ではないのにね、なんてこと、職場で当たり前に目にする光景は、せめてプライベートの趣味の時間くらい、無縁で居られれば幸いなのかも。

ごちゃごちゃ考えずに、何より怪我をせず、この時間を各々楽しむのもある種のスキルかもしれないなあと。

さいきんめっきり幽霊部員になりつつある私と
チームの創立者Kちゃんとランチへ行って
久しぶりにこんな類の話で大盛り上がりした。

ランチの席では、脳にほど良い疲労感と、その後の爽快感を得た。
人の言動に深く見つめてみるって、ほんとうに興味深い。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================

2019年08月06日

お付き合いの幅?






0-6.jpg

先日、自家製農園で摂れた新鮮な野菜たちを
たっぷり頂いた。野菜たちに甘さを感じたなあ。

0-4.jpg

メニュー表にあった妙な組み合わせに勇気を出して、チーズリゾットきゅうり添えを頼んでみたら、これがけっこう相性が良くて、新しい発見。

画像は、数年ぶりに再会できたお友達が連れて行ってくれたランチでござます。

先ほどのブログの続編⇒☆ 
人への居心地の良さを自覚したもう一面あるとすれば
広く浅い付き合いから、狭くても深い付き合いに
付き合いの幅を自分で選ぶようになったことだろうか。

選ぶようになった、と敢えてした理由をブログでまとめてみたい。

そもそも、付き合いの幅について考える人ってどのくらいいるんだろうか?

対して意識せず、今関わっている人たちと当たり前に過ごし、生活を送ることは出来るはずで
私の場合、実は人付き合いが得意でないからこそ、つい考えてしまう。

さてさて私は、2004年に起業をしてからコミュニティを広げるための自分の間口を広げた。
積極的にいろんな場に足を運び、
お声を頂ければ、来る者こばまず態勢で臨み、積極性を前に出した。

敢えて日本の情報の中心地、東京都内に飛び込み、TVで観てきた人たちはもちろん、業種、立場、人種、自分との価値観や世界観が近しい人からまったく異なる人まで、新しい出逢いに恵まれた。一気にスケジュールは埋まり、行動すればするほど新しい経験を積み、世界観は広がり、自分のエステサロンにも、こうした行動パターンと比例していくように予約も埋まっていった。

ところが。
充実と引き換えに、私の中の何かが置いてきぼりになってしまった。

それが、私の中にあった楽しむ気持ちや居心地の良さ。

目の前に居る人に合せようと必死に力を注ぎ、人に対して違和感や警戒心すら働かせず、自分の感情はOFF。
女カメレオンとして徹していたら、人と会えばぐったりしてしまい、自宅に戻ればどっと疲労感が襲った。

そんなに疲れるなら行かなければいいのに、と健常であればそう思えるのでしょうが、その時はチャンスを失うような気がして、忙しくしている人を見ると羨ましくすら思え、自分の行動を抑えるという発想が持てなかった。

チャンスを失う不安のような枯渇した思いが、私の中の弱みになりどんどんと肥大していった。こうなると、まさに一種の中毒性というか、執着というか、依存の形。

つまり、自分の行動を省みることが出来ない、
立ち止まって自分の頭で考えることが出来ない、
客観視することが出来ない、類です。
これは非常に、人として非常にレッドゾーン。

自分をマヒさせ、自らの感情を抑制、強制する力を持つし、この渦中にはいってしまうと
自分の行動を改めさせようとする誰の声も一切響かないから、だから怖い。

不安や弱みを肥大させるくらいなら、3日に1日、いや、1日置きに心身を休めるくらい、ゆったり過ごせれば、ほどよい疲れと共に、その時の自分に何が必要で不要なのか自分で取捨選択できたはず。
それに、チャンスを失うような不安感はある意味、人として健全な感情とも今でこそ理解しているけれど、
その時は、それが自分の弱さだと気づけなかったし、それでいいと思っていた。

そんな自分で10年以上過ごしてしまえば板につきそうなものなのに
毎日の暮らしの中で感じることを整理し始めたら
なんと、居心地のいい真逆にいたことに気が付いてしまった!

なんたる矛盾。
でも、自分の矛盾に目を向けるって大切なことだと思う。

14年して、自分の矛盾に目を向けられるようになり
こうして広く浅い付き合いを繰り広げてきた自分から、
狭くても深い付き合いに、敢えて付き合い方を自分で選べるようになった。

つまり、広く浅い付き合いに私自身、居心地が悪かったんだと
気づけたわけです。

毎日忙しなく、息つく間もないほど過ごす生活に
もし心から居心地の良さを感じ、でも何かあればその行動パターンを今すぐ留められるくらい軽快な人間なら
それこそが俗に言う、天職、資質と言われる域なのでしょうね。

私の場合は、そうではなかったようです。
そんな自分の一面を知れただけでも、幸せなことのかもしれません。

0-7.jpg

前述したお友達ご夫婦に結婚祝いのシャンパンを頂き、
先日は久しぶりに別のあるお友達に再会できましたが
人って環境の影響を良くも悪くも受けてしまうからこそ
私も、居心地のいいお友達だなあと感じてもらえるように背伸びせず、温ったかい暮らしを毎日送れたら幸いだなあと改めて。








mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================