隠し味、少々。

ようこそ。 このブログは 受け継がれる野菜を昔からの育て方に習い、家庭菜園を始めた元エステティシャンブログです。畑の日常や、それらを材料にした家庭料理を公開しています。           bizen.jpg          ☆インスタグラム☆⇒⇒⇒@michi.elegancestyle ☆HP☆⇒⇒⇒bizenjapan.com[既存客様専用通販サイト]

2021年08月21日

野菜を買ってからやるようになった事。

野菜たち1.jpg

連日の雨、雨、雨。

盆が明け、残暑厳しい時期なはずが
連日の雨のおかげで
30度を超えない心地よさ。

が、しかし。
この連日の雨はさすがに
農家さん、大打撃。

家庭菜園者、撃沈。



なぜって
うちには
スイカちゃんが育ち始めておりまして
直径20センチになり
感動していたのに
この雨で見事に腐りましたたらーっ(汗)

あとは、きゅうり、カボチャ、トウモロコシも
腐りました。

無念もうやだ〜(悲しい顔)

ということで
満足な夏野菜が採れないので
近所の市場へ
買いに行っています。

さて、本題。

私は買った野菜の
取り扱いを
家庭菜園を始めてから
変えました。

何かといいますと
ビニール素材に
敏感になってしまって。

というもの
買う野菜たちは
収穫後も尚
実の状態で
生きているわけでして
生きているということは
呼吸しています。

そこに気づきまして。

そんなこと
気にも止めなかった。

なので
冒頭の野菜たちのように
買ったばかりの野菜には
ビニールできれいに
梱包されているわけですが
帰宅したら真っ先に
冷蔵庫へ収納するのではなく
ビニールから出す。

ビニール素材では
呼吸を妨げてしまうので。

野菜たち.jpg

くっついているテープも
綺麗にはがします。

野菜たち0.jpg

で、裸にな野菜たちは
木箱の中へ。

なるべく直射日光ではない
場所へ休ませておきます。

ただ、調理して
果肉がむき出しになったら
冷蔵保存しますが
そうでなければ
毎日腐ってないか見る程度で
基本裸で置いています。

家庭菜園を始めるまでは
そんなこと
まったくしなかった。

買ってビニールが被った状態で
冷蔵庫へ保管してましたもの。

では冷蔵と
自然放置と
日持ちは
いかがなものか。

ですが
私個人的には
あまり変わらない
気がしています。

なぜなら
同じ袋で梱包されているピーマンたちの中でも
じきにしなってしまう実もあれば
3日してもぴんぴんしている実もあったりして
こればかりは
保存状態の環境とは思えず
野菜そのものの生きる強さかなあと
思っています。

ただ、これだけは
はっきり言えるのですが
ビニール素材が野菜に直接触れていると
その部分から
野菜は腐りやすい。

自然放置だろうと
冷蔵保存だろうと。

です。

野菜たちは
収穫されても
生きているから
呼吸させてあげたい。





ぴかぴか(新しい)家庭菜園、手料理はInstagramからも配信中ぴかぴか(新しい) @michi.elegancestyle
次項有ビゼン公式HP次項有 bizenjapan.com コスメティック販売小売店
posted by Michi at 23:04| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ