隠し味、少々。

ようこそ。 このブログは 受け継がれる野菜を昔からの育て方に習い、家庭菜園を始めた元エステティシャンブログです。畑の日常や、それらを材料にした家庭料理を公開しています。           bizen.jpg          ☆インスタグラム☆⇒⇒⇒@michi.elegancestyle ☆HP☆⇒⇒⇒bizenjapan.com[既存客様専用通販サイト]

2021年05月17日

さつまいも栽培に挑戦!その@

紫さつまいも.jpg

とにかく
さつまいも好きで。

丸ごとアルミホイルに巻いて
焼却炉の上で放置して
ほくほくの焼き芋にしたり。

蒸してそのまま頂いたり、
ドレッシング加えてサラダにしたり。

細く切って
さつまいもスナックにしたり。

甘味と煮詰めて
甘露煮にしたり。

レシピは幅広いだけでなく、
さつまいもは繊維質なので
お通じもよくなり
肌も綺麗になるような。。。

一年中、常備しておきたい
野菜の一つ。



ということで
今年からさつまいも作りに挑戦!

さつまいもの生産と言えば
鹿児島県のイメージ。

こちらは愛知県三河地方なので
夏を除けば
外気温3度くらい?あちらのが
高いでしょうか。

つまり、暑い地域の野菜なので
生産地域の環境が
あまりに異なるお芋より
県内で生産されたお芋であれば
私でもやれるかも・・・と初挑戦!

6月中には畑へ移植したいので
逆算のスケジュールで進みます。


今回の記事、その@

1;さつまいも選び

2月か3月、
美味しそうなお芋を買って
食して、美味しかった形よいもの
種子芋に残しておく。

収穫したお芋でもできるようなので
今年収穫に成功したら
この記事、来年に続きますよ〜



2;苗床の準備

深さ20センチ程度の発泡スチロールを用意。
とにかく、深めがいい。

発泡スチロールの底には
水が抜けるように穴をあけ、
容器をすっぽり包むような大き目の
ビニール袋に入れる。

苗床.jpg

続いて、
雑草を枯草にした堆肥を土に混ぜておいて
容器2分目程度
その土を入れる。


3;芋洗い

2月下旬〜3月上旬、
(最低気温10度〜最高気温15度程度の時期)

お芋ちゃん、50度のお湯に40分の入浴。

温度計がなかったので
おいだきで調整しながら
浴槽で入浴させたわーい(嬉しい顔)


4;苗床へ

いよいよ苗床へ。

お芋を土に触れるくらい浅めに埋める。
半分も触れていない。

発泡スチロールをすっぽり包んだ
ビニール袋で
土温が下がらないように維持。

お芋は生きているので
呼吸のため完全密封しないように注意。


5;毎日の世話、水やり

一日1回、お湯と水のブレンド40度程度を
お芋全体に直接水やり。

発芽する季節ですよ〜
という声掛けになるらしい。



以上。まさに今、苗床で苗を栽培中なので
その@はここまで。******************



畑への移植は
6月中を予定、
遅くれた苗でも7月を目指しているので
続きは、また記事にします。

さつまいも.jpg

紫さつまいもの苗の成長が著しい。

が、しかし
紅はるかからは芽が出てこないがく〜(落胆した顔)
紅はるか.jpg

と気をもんでいたら・・・
紅はるか2.jpg

5月2週目。
先週から赤ちゃん芽を発見!

よしよし、この調子。

芽が一向に出てこないお芋ちゃんは
ありがたく頂きます。


続く。




ぴかぴか(新しい)家庭菜園、手料理はInstagramからも配信中ぴかぴか(新しい) @michi.elegancestyle
次項有ビゼン公式HP次項有 bizenjapan.com コスメティック販売小売店
posted by Michi at 07:36| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ