隠し味、少々。

ようこそ。 このブログは 受け継がれる野菜を昔からの育て方に習い、家庭菜園を始めた元エステティシャンブログです。畑の日常や、それらを材料にした家庭料理を公開しています。           bizen.jpg          ☆インスタグラム☆⇒⇒⇒@michi.elegancestyle ☆HP☆⇒⇒⇒bizenjapan.com[既存客様専用通販サイト]

2021年04月17日

自然栽培の藁を頂きました!


豊川までぷいっと車を走らせ
藁を頂きました。

本当にありがたい。



藁が必要だなんで
家庭菜園を始める今まで
人生で一度も
考えたことなかった。

家庭菜園を始め、いやー
とにかく模索しました。

畑には何が大切なの?

で腑に落ちたのが
近代のような農法ではない
大正よりもっと前の
長い歴史の中で語り継がれ
行われてきた自然の摂理にのっとった自然農法が
現代の自然にも
結果人体にも
もっとも安全なはずだと。

一年が経過し
ここに着地し
なので寝不足が続いているわけですが・・・。


ちなみに藁の使い道;

その1;ビニールマルチの代わり。
その2;編んで紐。
その3;藁納豆


マルチ;
土の上に敷いて
地温を高めたり、
土を肥やしたり、
野草の茂りを抑える。

従来は、畑に黒い大きなビニールを広げ
マルチとして使っている。

紐;
編んで紐にして支柱を組む際に使用。

藁納豆;
文字の通りです。


てなわけで
家庭菜園者には非常にありがたい藁。

ネットでリサーチしまくって
藁を頂きに参りましたが
そこでちょっとストーリーが。

頂いたのは農家さんではなく
とある施設でした。

その施設の取り組みは
感銘を受けたし
心から素晴らしいと思いました。

が説明された担当者の冒頭から
自然農法について
かなり熱く熱弁されまして。

「自然農法を広める活動をしています。」

ちょっと圧倒されました。

個々それぞれの考えや理念があるのは
とても大切だと思う。



けれど、
その理念を一緒に広めたり
仲間になりません的な活動には
一歩引いてしまった。

仲間って?

以前、別の方から
似たような活動の
お声がかかったことがありました。

その時も丁重にお断りしたのですが
この手の農法って
仲間を募る方が多いのだろうか?

家庭菜園を学ぶために
経験者から教えてもらったり
その道の方々から情報交換出来れば
それは相当救いになるわけですが
仲間ってのがどうもひっかかり
私には、お隣のおばあちゃまの教えで十分なので
ごめんなさい興味がありません(´;ω;`)

藁を頂けることは
本当に助かりましたが
そもそも生きるために食する家族の野菜を
必死こいて作っているので
そんな大それた活動をする時間も
心の余裕も
そもそも仲間と一丸となって類の
熱意はそもそも自分にはありません。

自分のことで精一杯。

なので
丁重に丁重にお断りしました。

大事なことって難しいけれど
自分が何を大切にしたいのか
模索しながら
自分で探していく過程に意味があると
思っているので。

無料で頂けた自然農法の藁をきっかけに
いろんなことを考えさせられる
いい機会となりました。

なんて話がずれてしまったけれど
正直無肥料、無農薬、そして除草剤を使わない
お米、そして藁を扱う農家は
本当に限られる。

なので非常に貴重な材料となりました。

陰ながら応援しています。





ぴかぴか(新しい)Instagramぴかぴか(新しい) @michi.elegancestyle
次項有ビゼン公式HP次項有 bizenjapan.com コスメティック販売小売店
posted by Michi at 06:06| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ