隠し味、少々。

ようこそ。 このブログは 自然栽培での家庭菜園で育てた野菜で作る家庭料理や、暮らしの中にひっそり佇む美に触れたあれこれを元エステティシャンが綴っているブログです。           bizen.jpg          ☆インスタグラム☆⇒⇒⇒@michi.elegancestyle ☆HP☆⇒⇒⇒bizenjapan.com[既存客様専用通販サイト]

2021年01月01日

謹賀新年

2021年が
いよいよ始まりましたね。

元旦はいかがお過ごしでしょうか。

私は、大晦日に作った
氷見寒ブリの大根甘辛煮の煮汁をベースに
雑煮を作り
夫と食べて新年の朝を迎えました。

元旦には
お餅を食べたくなるなあ。

例年であれば
元旦は大晦日に続き
実家に集まった家族みんなで
賑やかな朝を迎えているはず。

ですが昨年
祖母が他界したので各々控え
私は先週引っ越したばかりの新居で
夫婦になって初めて
二人で元旦を過ごしました。

理想であれば
大晦日の夜に
夕食を終えて落ち着いた頃
紅白でも流しながら
祖母他界のネタの
書きかけ途中の記事を一時飛ばして
一年間の感謝の気持ちを込めた
振り返りブログを
更新するつもりで
準備万端体制を整えた。

気持ち、だけは。

それがなんともまあ
9時以降の記憶が・・・。

こんな有様、
大人になってから初めてです。

なので、元旦に
気を引き締めて。

ということで。

昨年を振り返りつつ
参ります。

2020年は
本当に、本当にいろいろありました。

その前の年の10月に
私はエステティシャンを引退しました。

これまで営んできたビゼン店は
既存のお客様向けの
スキンケア通信販売を継続。

メーカーのショッピングサイトで
注文をしていただくのですが
私の対応が必要な場合は
リモートによる
メッセンジャーやメールで行っています。

売上の主な幹であった
エステティックは
私自身、技術者としても
自分の人生にとっても
とても大きな意味を持っていたので
年が明けた頃に
大切な方をお招きし
パーティを催すのがが礼儀かと
頭をかすめたこともあります。

しかし、このブログで紹介しつつ →★
既存のお客様にお知らせし
誠に勝手ながら
1人静かに迎えました。

売上の幹がなくなりまして
食べていくために
新た別業種を始めました。

すでに実を結んでいる事業から
今は種子蒔き中の事業まで
2020年はいろいろありました。

そもそも
自分が出来そう、
楽しめそう、
なんとか周りに迷惑をかけない範囲で
取り組めそうだと判断出来たら
その場合のみトライしています。

また、一昨年
入社させてもらったパートがありまして
そこは私の中で
とても大切な仕事になっています。

仲卸業の会社なのですが
そちらでお世話になり始めて
なんと2年目に突入!

新しい人間関係にもようやく慣れ
自分の立ち位置が
何となくわかるようになったり
お客さんの顔と名前が一致するようになったり
本当に少しですが
商品の名称や値段を
ぱっと聞かれたら
すぱっと答えられる商品もあったりして
1年以上かかって
ようやく少し、前に進めたような
気がしています。

私が担当させてもらっている業務は
一般事務と経理サポートがメインではありますが
周りの方との協調性を大切にしつつの
お仕事は案外、やるべきことが
あったりします。

私はあくまでパートタイマーであり
メインの方の補佐に過ぎませんが
この立場であろうと
大切な仕事には変わりないので
目の前の業務は
極力ミスがないよう
丁寧を心掛けています。

プラス
もしこんな私でも
1円でも売上に貢献できるとしたならば
何が出来るかなあ。

なんて
考えられるようにもなりました。

仕事があってこそ
プライベートが活きていきます。

さてさて、
プライベートは
これまた
いろいろとありました。

去年のまさに今頃は
お友達が企画してくれた
私たちの結婚パーティーの
打ち合わせの真っ最中。

2月までどうやったら
1キロでも痩せられるか
あたふたしていた頃。

あとは
体外受精の通院を始めました。

2020年に入る前月に
授かれなかった
行こうと計画をしていたからです。

私は、41歳で夫と子作りをはじめました。

40オーバーとなれば
不安がつきものですので
すぐに地元で人気の婦人科クリニックの
扉を開けました。

まずは決まった検査があるのですが
一般的なステップを踏んでから
タイミング療法を始めました。

出来れば
自然妊娠を望みたい。

その病院は三河地区で
いくつもの医院を持っている
地元ではちょっとした有名病院。

私の友人の何人かも
その婦人科でお世話になっているほど。

なので
私も迷わなかったですが
担当の先生がつくわけではありません。

各医院を巡回しているのか
先生は診察のたびに変わります。

患者のデータは
電子で管理しているため
診察のたび
先生は画面とにらめっこ。

どうしてか
目の合わせない先生もいたなあ。

当たり前ですが先生ごとに
いろいろと対応が異なり
正直なぜこんな気持ちになってまで
お金払ってまで
この病院にかかる必要があるのかしら、
なんて思う日も正直あった。

ただある日の診察日、
たまたま女医さんだったですが
その先生だけ唯一
私のホルモンのTSH値に着目され
その場で紹介状を発行して下さった方がいます。

あの先生だけ
私には真剣さが伝わってきた。

以降
甲状腺内科にかかったわけですが
私の場合、決定的な病名は付かない
あることに引っ掛かりました。

あの時は重病を抱えているような気持ちで
どっと暗くなってしまった。

しばらく内科にも通いましたが
そちらもコロナの自粛が入ったため
通院をやめてしまいました。

あとは
専門クリニックの
乳がん検診にもかかったなあ。

そんなこんなで
約2年不妊治療を続けましたが
コウノトリちゃんは飛んでこずなので
1月から体外受精へ踏切ました。

1回目は
夫婦そろっての
患者合同説明会がありましたなあ。

30組以上のご夫婦に混じって
不妊治療のいろはの説明を受けましたが
明らかに私たち夫婦は最年長組。笑。

その後は、
大人しく病院の指示通り
通院していったのですが
寂しいというか
何というか
素人の私ですが
言葉で言い表せない
どうも腑に落ちない
不妊治療の違和感が
募っていきまして。

質のいい卵子を作るための
セルフ注射の前になって
リタイアしました。

これ、読んで下さっているアラフォ妊活さんなら
あり得ない〜って
話ですよね。

でもリタイアしてしまった。

ただ、コウノトリちゃんを
今か今かと毎月待ちわびていますので
これからは独学よ!
方向転換しましたら
食にこだわるようになり
そこから知識の備蓄が始まり
で、畑に行きつきました。

野菜くらいは
自分で作って
無農薬、無肥料を食していくわよ、と。

それが昨年の今頃で
春になり鍬を持ちました。

なので私の生活は激変。

その頃に
コロナ騒動です。

各国でロックダウンが始まるは
自分の目の前の生活にも
影響してくるはで
まず、結婚パーティー中止の宣言。

夫ともかなりもめたなあ。
これは2月でした。

世にはもっとやるせない現実に
向き合っている方もおられます。

Facebookだけで
繋がっている知人から配信される
近況報告には
正直、目を覆いたくなるような
気の毒でならない現状もあります。

そう思うと
私は本当に恵まれているんだと
思わざるを得ない。

そばに家族がいて
働かせてもらえる先があって
職場で新鮮なお魚を買える環境があって
夫の取引先さんも
変わらず契約を続行して下さっていますし、
何不自由ない日常生活が送れている。

当たり前過ぎる日常が
どれほどありがたいことなのか、と。

あとは健康面でもう少し。

ちょっと気になった一年でした。

実は、
38度の高熱に襲われたり、
原因不明の嘔吐に襲われたり、
体調を崩しにくい体質だったので
正直怖くなった。

コロナだったら、と
頭をかすめたときは
本当に冷や冷やした。

夫は真っ先に
「今すぐ病院へ行ってくれ!」と
当たり前ですが言いいまして。

「明日の様子を見て判断させて!」と
私は突き通しまして
翌日けろっと元気に戻りました。

今、本当に
コロナにかかってしまったら?

自分だけの問題だけでは
すまされません。

関わっているすべての人に
確実に影響し、
大問題へ発展するでしょう。

夫は取引先に
伝えなければならない義務が生じ
最悪、取引が今後なくなるかもしれない。

考えるだけでも
怖いけれど、
正直、病院へ行くのはもっと怖い。

以降
体力とか
気力に
相当気を配った一年でした。

周りを見渡すと
皆さん口を揃えて、
今年は本当に一年が早かった
と実感しておられるようなので
そう振り返っているのは
私だけではございません。ね。

こんな状況でもやはり
そばにいてくれる家族は
心強い存在。

労いの気持ち、
日頃の感謝もふんだんに込めて
大晦日一年の締めくくり夕食は
夫大好物のすき焼き!
にしました。

その他に
氷見寒鰤の大根甘辛煮、
母が作ってくれたどて煮、
甘えびの醤油漬け、
数の子の松前漬け、
買ったチヂミと
キムチ、
エビグリルなどなど
手作りからお買い上げ惣菜のオンパレードでして。

そこに頂きました上質な清酒で
胃袋の一年を締めくくりました。

本当は除夜の鐘の音を
聴けたらよかったのだけどねえ。

ですがさすがに
11月12月と立て続いて
祖母の体調不良、
引っ越しの準備、
仕事、
祖母他界後のお手伝い、
などなど
とにかく慌ただしいオンパレード〜

身体に答えていたのか
私の充電は、ぷっつり除夜の鐘の音を聴く間もなく
切れてしまったとさ。

年越しは
眠りの中だなんて
大人になってから初経験。(笑)

それでは
リアルにお付き合い下さっている方、
ビゼンを変わらずご愛顧下さっている方、
ブログにお付き合い下さっている方、
旧年もありがとうございました。

今年も
身体が休まりたいと訴えている時は
迷わず寝て
とにかく無理せず
余裕を持って
このブログを更新しますので
相変わらずじれったいかもしれません。

そんなブログですが
2021年もぜひお付き合い下さいませ。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます( `・∀・´)ノ

2021年 元旦

ビゼン 美知



次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ