隠し味、少々。

2020年10月01日

隠し味、少々。

すっかり.jpg

せめて野菜だけでも
自分で栽培収穫して
その材料で食生活を送れたら
私の身体は
何か変わってくれるだろうか・・・。








別に死ぬわけではない。
あからさまに症状の悪化があるわけでもない。

でも、じわりじわり
そちら側に片足がつかり始めているのではないかと
気がもめ始めたのは
毎年恒例の健康診断と
41歳に初めて挑戦した妊活が
きっかけとなりました。

妊娠?じきにできるわさ。

本気で思っていた。

でも、出来なかった。
まったく、思った通りに進まない。

その時期から
小さなショックと
そうでないショックが
次々と訪れたのでした。

うそでしょ。
うそだよね。
私、もしかしてでかい爆弾
抱えてないか?

かゆくも痛くも
しこりもない無痛なのに
数値だけが
基準値の桁外れを指していた。


不妊だけでも
病人のように扱われるのに
それ以外の不具合でも
病人かいない。

勘弁してよ、私。

いやいや、不妊病として
扱われたくなければ
そもそも婦人科へ行かねばよい。

ですが
行きました。

そこでも洗礼を受けました。

いやはや
婦人科の先生の反応は
そりゃもう
千差万別と言いますか。

まだ大丈夫よ、これから頑張りましょうと
穏やかな表情を見せてくれる
快い方もおられました。

逆に
冷ややかな対応の先生。

私がかかった病院が地元では少し大き目で
先生が他院から巡回しているような仕組みなので
内診のたび先生が変わるのです。

なので、より分かりやすい。

私の顔を一切見ず
終始液晶カルテと会話している先生は
必ず、
もう一度繰り返しちゃう。

必ず、
私の身体に確実に伝わる
内診の冷たい動作。

まるで相手の気持ちを
透かしているようで
小股広げて何してるんだろ私、
なんてあきれてしまった。

嫌なら
その病院へかからなきゃいいのに。

ただ、
高齢で妊娠を望むこれが世間様の大多数の反応かと
気にしないように努めたし
それ以上に
正真正銘、私の身体の不具合は数値で語る。

あなたは
高齢です、とばかりに。

でもですよ
私はどうしても腑に落ちない。

高齢がすべての原因で妊娠しないの?

その反発心は
妊活情報をあさるように
読む原動力へと化しました。

自分にとって心地よい情報から
たった一行で降参したくなる
不快な情報まで。

辛抱強く、がんばれ私。

でですね。

不思議なことに
耳ざわり、つまり従来簡単に得られる情報ではない
情報ほど
なぜか腑に落ちていくのでした。

で、素人の結論。

極力、いやなんなら
徹底的に添加物を断てるよう志
その代わり野菜は畑で自分で栽培収穫し
食生活を送るべし。

でした。

ほら、細胞は
食から成ると言いますでしょ。

そこへ自然の摂理をあてはめてみたら
もっとも腑に落ちたのです。

もう一度繰り返します。

所詮、素人のたわごとです。

医者でも博士でも研究者でも
なんならそこで従事している技術者でもないので
誰かに話したところで
何の説得力もない。

でも、時には煮詰まってしまうので
そのストレスは
限られた親友以外には
話せませんでした。

こうして私の食生活を
徹底的に見直すことから始めました
今年2020年2月。

それまでの食生活は・・・。

実に便利、
楽です。

レトルト食品や
市販のうま味調味料をフルに活かし
調理しますから。

白だし、
コンソメ、
鮮やかなドレッシングや
最強のパートナーを
フルに活かしていました。

無添加表示あるレトルトが
特に好きだったなあ。

バリエーション豊かなのは
ありがたい。

インスタントラーメン、
インスタント焼きそばなんて
私の大好物。

食材棚には
それらレトルトやインスタント食品で
埋もれていなければ
不安で仕方なかったなあ。

このように
便利で美味しい食生活に終止符をしまして
妊活を機に一変。

正しくは、徐々に切り替えていきました。

でまずは、
そばにいる夫が呆れます。

1から畑を耕して
収穫した野菜だけで調味料を作ったり
調理しようだなんて
「なんたる無謀。まず無理でしょう。続かない。絶対。」
と言われたなあ。

畑を貸してくれる父は
半泣きで反対された。

「お前なんて絶対続かんから、畑が荒れるだけだから頼むから止めてくれ。」

けれども
何と言われても
根本的な体質改善方法は
それ以外に考えられなかった。

やるしかない。
続くか分からないけれど
やってみるしかない。

こうして、新しい生活への
扉を開きました。

自然の摂理は
自然と向き合い学び進めた。

土は、先輩方の記す理論と
自然に教えてもらった。

なるべく行ける日に
土を耕し、種子蒔いて
雑草を刈って、世話して
収穫できるのを待つ。

何を育てるかは
気候、野菜のシーズンに
合わせるのです。

で大好きな
米、パン、パスタ、うどんたち。

自給自足出来たら
理想なのですが
正直、素人だし
自力だし、今の私にはハードルが高い。

なので
似たような考えの元
営んでおられる農家さんから直に
仕入れる。

大豆は
蒔いてみた。

いつか自家製の
味噌、醤油を作れるために。

さらに、雑草が活かせることを知り
より一層世界が広がります。

今となっては
雑草ではなく
ありがたい野草。

マルチにしたり
肥えにしたり
お茶にしたり。

そこに、なるべく地元の鮮魚と
なるべく、健やかそうなお肉で調理。

うま味調味料は振りません。

素材のうま味を引き出した
調味料のみの味。

こんな感じで
切り替えていきました。

※パン屋さんのパンや外食はもちろん利用しますが
極力自炊です。

一時’オーガニック’と
ブログ名に入れて更新していました。

切り替えた生活が板についた頃
夏前くらいでしょうか。

味覚をも
少しづつ変わっていきました。

身体の変化は
美容の変化は
本当に興味深いものです。

リンクしていますので興味ありましたらぜひ御覧下さい。


行き着くところ
昔ながらの手間暇かけた食生活が
現代人の私に
ぴったりはまったわけですな。

こうして
経験が伴う情報が
過去の情報から
上書きされるものも多くあったりして
隠し味のようだなあ
なんて沸いてきたので
’元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ’
としてきたブログ名を

’隠し味、少々。’

と改名し、
新たにスタートする運びとなりました。

これからこのブログは
主婦の家庭料理レシピが増える予想です。

そちらの専門家ではないので
偉そうに声を大するほど
大した内容を紹介できないですし
旗掲げて革命を起こしたいほどの気力もないので
この先振り返りたい時のために
まとめておこう的な
立ち位置にしたいです。

周りの方からは
野菜を販売するの?
総菜売り始めるの?

なんて聞かれますが
そのような企みは
今のところ全くございません。

今のところ。

あくまで
自分の身体のため、
家族の健康のためです。

ということで
私の生活が家庭菜園へと
比重が傾くため
収穫時期によっては
今まで以上に
ブログの更新がままならない
ことでしょう。

相変わらず拙い文章ではありますが
今後とも
新’隠し味、少々。’を
温かい気持ちで読んで下さると
本当に嬉しく思います。

引き続き、
よろしくお願いいたします。







次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
posted by Michi at 22:17| Comment(0) | 告知・自己紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ