元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年07月30日

抗生物質のお世話になる。

抗生物質2.jpg

雨が上がり、雲の切れ目から
日差しが届く久しぶりのお天気に隣町まで車を走らせると
稲穂が緑色の絨毯のような美しい田園地帯がそこに。

岡崎市と安城市の境目にあって
つい眺めて撮影してしまったほど
とても美しく、なんとも心地よい光景。

クリニックへ向かう途中の一コマでした。

前回の記事に続き
昨日、パートのシフトではない日の朝は
起きた途端、調子が良くなって
治った〜!
なんて
膀胱炎気味だった不調さを忘れたほど
自然完治だと思いかけた。

けれどその前の日は
パートを休んでしまって。

今、コロナが怖いので極力病院は避けたいのだけれど
職場に
迷惑をかけてしまった以上
そうとも言っていられなくなり。

体調が少し良くなったタイミングで
泌尿器科クリニックへ。


膀胱炎気味ついでに
おさらいしてみると
そもそも身体は
疲れや寝不足、ストレスで免疫力が低下している時や
ちょっとだけ不衛生になっていたり
そんな些細なことで炎症しやすい
特に女性には膀胱炎が身近な症状。

私は20代に一度経験したので
今回が2回目で
これ以上ぶり返さないために
記録してみよう。

膀胱炎気味は
25日土曜日から始まった。

25土;お手洗い時に違和感。痛度;とても弱

26日;お手洗い時の違和感が強まり、尿の濁り。痛度;弱

27月;血尿あり。我慢できる程度の痛み。さらに下腹部痛と腰痛。痛;やや強

28火;朝は快調になったが血尿続き、お手洗い時の痛みは引き続き。さらに下腹部痛と腰痛は重い。痛度;強

29水;朝は快調になったが、痛みはぶり返し。さらに下腹部痛と腰痛は重い。抗生物質を朝夕の2回服用開始。夜、下腹部痛が異常だったので痛み止め1錠。痛度;強重


※泌尿器科クリニックへ。尿検査にて、膀胱炎と診断される。

30木;朝起きてすべての痛み、パタリ止まるが尿の濁りは続く。抗生物質2日目。痛度;なし

今ところ、こんな感じです。

下腹部痛は
みぞおちのあたりで
内臓を絞られているような激痛が一時あり。

腰痛は腰の付け根あたりで
筋肉痛に近い痛みで
一時、動けずに縮こまってしまった。

膀胱炎の菌が
腎臓に広がってしまうと
このような腰痛や下腹部痛が激しくなり
また別の症状になっているケースもあるそうなので
抗生物質を飲んでも痛みが取れないようなら
再度来てください、とのことでした。

ともあれ、膀胱炎かも、と心配になったら
すぐ処置したほうが賢明。

私の場合
でだしは違和感程度で痛み、とも言えない症状で
発熱や嘔吐もなったので
幸い反面、安易に捉えてしまった。

食欲はなく、
薬を飲むために
おかゆや味噌汁を食しながら過ごし
水分は一日2L以上は飲んでいます。

抗生物質を1週間きっちり飲むことで
ほぼ良くなるようなので
無理せず、このまま様子を見みながら過ごしたいと思います。

健康が一番。





次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ