隠し味、少々。

2020年07月27日

おくらと、辛い大根を使った1品。

受粉4.jpg

優しいクリーム色の中に
強調性のある紫色のテイストが
なんとも美しい花。

画像は
今が旬のオクラの花。

地方によってはこの花も食す。
おくら2.jpg

花が枯れた後は
剣みたいに勇ましい実をつける。

収穫したらば
根元の枝をカット。


こうしたケアをすれば
空に向かってまたニョキニョキと伸び
より花を咲かせるようで
そうなればたくさんの実をつけてくれる。

おくら3.jpg

大きくなったねえ。

収穫したおくらと

おくら6.jpg

大根をこいできまして

おくら7.jpg

おくらと辛い大根を使って1品。

おくら8.jpg

おくらは、湯がくか
蒸すかしてから輪切りに。

おくら9.jpg

あとは、大根をおろして
酢と醤油を同量に
出汁粉末(我が家は、椎茸、昆布、いりこ出汁の粉末を使用)を少々。

混ぜ混ぜしましたら
完成!

大根なしの醤油だけでも美味しいけれど
あれば尚旨し。

おくら10.jpg

食べるというより
むしろ飲むに近い粘々さは
一瞬で胃袋に納まってしまうので
たらふく食したいなあ。

ところが
6本ほどおくら木が伸びたけれど
残念ながら
畑へいくたび1本か2本程度しか収穫出来ない
奥ゆかしい成長ぶりなので
一口一口かみしめながら頂いている。

連日の雨続きなので
収穫が増えそう。



ところで。
只今、膀胱炎気味で
病んむこと2日。

昔、昔、正真正銘の膀胱炎を経験しているので
またあの激痛に襲われると思うと
恐れおののき
結局丸一、簡単な家事程度で
何もしない一日を過ごし安静にした。

何か月ぶりだろう。

ほぼ、何もせず
緑茶を3L以上と
小鉢1杯くらいのお手製ガリをボリボリしながら
ハイペース時15分おきに
お手洗い通い。

そして3日目の今日
症状緩和の兆し。

怖い。

本当にあの激痛は恐怖でしかないので
本来は病院へお世話にならなければならないでしょうけれど
コロナ感染を避けたいので
「解毒、排出、解毒、排出。」と
繰り返し繰り返し
呪文のように言い聞かせ・・・。

今日も外出せずに問題ない日なので
動こうかと余裕が生まれているけれど
今の私には無理と無理ではない境目が
まったく読めないので
もう一日大人しく過ごし
様子を見ます。

何かあってからでは
取返しがつきませぬ。

ああ、おくらが食べたい。







次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
posted by Michi at 07:11| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ