元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年07月23日

無心になれる草刈り。

無心になって1.jpg

雨の翌日は雑草の青々しさが
一際美しい。

しばらくぼーっと眺めてしまうほど
新緑の色は気持ちを穏やかにしてくれるもので。

なんて。

遠目で見ていると穏やかだけれど
いざ畑仕事に入りますと
余計な作業が増えてしまって。

数か月前は
こざっぱりした畑だったのに↓

無心になって2.jpg

どこもかしこも
ボーボーでござる。

草刈りを手早く済ますには
除草剤散布が早い。

草刈りの手間が省け
時間短縮になって、楽出来る。

ただ、それをしてしまうと
食す野菜たちも確実に毒性を吸うし
土のバランスを破壊してしまうので(´;ω;`)ウゥゥ。
ということで。

前回の記事同様、
キャベツの種子を植えるゾーンを作っていて
場所の確保と
蒔き終えてからマルチにする雑草が必要なので
刈って、刈って、刈りまくった。

ハサミで。(笑)


本来はカマで刈るのが作業が早い。
ですが、理由あってハサミを使っておりまして
雑草の中には、
万能な薬草がいるので
それらを残したいので、ハサミというわけです。

刈り取った雑草の使い道はいろいろ。

乾燥を防ぐための雑草マルチに出来たり、
あぜ道に引いておけば足場になるし、
根を残せば水害によるむかるみを防ぐし、
土が自然に肥え、
日陰をつくり野菜の生育を促したり、
活かし方いろいろ。

というのは人間都合でして
そもそも自然界に必要だから
雑草は繁殖しているわけで
その中に野菜を共存させれば
実り豊かに育っていくもの、らしい。

なので、頭を切り替えて
種子や苗のために
草を引っこ抜いたり
むやみに耕すことをやめた。

鬱陶しい雑草!が今となっては。。。
にしても
はさみでちょきちょきはのろい!

せっかくならと
考え事をこの作業に持ち込んでみたけれど
手を動かしたら時期に
頭の中から消えてしまうという。

気づいたら2時間経っていて
これを無心なる域というのでしょう。

考え事があったり
悩みたいことがある時は
無心になれる作業がいい。





次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
posted by Michi at 16:32| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ