元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年07月02日

カテゴリーのリニューアル。

カテゴリーのリニューアル1.jpg

今日からいよいよ7月で
私が住んでいる愛知県三河地方では
連日の雨となり
梅雨シーズン真っ最中。

雨は恵み、に違いないけれど
連日ともなると地面がぬかるみ
河の氾濫や土砂崩れの恐れが生じるので
多すぎるのもまた大変なもので。

私にとっての
大切な恵みと言えば
通販を利用して下さったり
ブログを読んで下さっていたり
日頃お世話になっている方々。

そのおかげで
こうして生活が出来ているし
ブログのネタも
豊かになるわけでして。

6月も、ありがとうございました。

画像はモスバーガーの
嬉しかったサービスの一コマですが
この嬉しい気持ちや
大切な恵みに感謝の気持ちを忘れないように
7月も日々過ごしていけたらと思います。

さて、4月頃にブログのタイトルと
カテゴリーのリニューアルをしまして
不定期で更新してきました。 → 
カテゴリーのリニューアル0.jpg

カテゴリーは
私自身の生活を無理くりリンクし
記事にしているために
妊活や婚活を設けていました。

とはいえ
元はエステサロンで
その後は既存客向けの小売店として
引き続き営業をしている
化粧品通販サロンが幹にあるこのブログ。

化粧品を実際に利用されるお客様の中に
不妊で悩んでいる人がいるなら
私もそのうちの一人なので
その内容をブログに盛り込んでも
ある意味大きなずれはないのかと。

なので一時
不妊治療をブログのネタに組み込んできたわけですが
通院2年もすると
例え高齢妊娠とて
妊娠に至らない今の医療の教えが
どうしても腑に落ちない。。。

腑に落ちない。

まあ私がひねくれているのですが
そうなるとです。

不妊治療を
堂々と語れない。

そんな悶々した時が
過ぎていきましたらば
不妊治療なら体質改善でしょ、
と道が開けていきまして(自分の中で)

体質改善=食事

ということで
自分の食を徹底的に見直してみよう!
改革がスタートを切り
畑を始めたのが今年2月。

もちろん今でも私自身
高齢妊娠を望む一人に違いないですし
アラフォー婚活を応援したい気持ちは
前のリニューアル時期と何も変わりません。

ただ、なんと申しますか
そうなればカテゴリーを再びリニューアルせねばと
なるわけです。

カテゴリーのリニューアル4.PNG

体質改善は第一に
自分が安心できる食材は何か。

の問いでして
陰と陽、光と影、白と黒と
自問自答の始まりでもあり
大きな課題を自分に課してしまった。

ということで週末畑のつもりが
だんだんと真剣農作業へと
形を変えていきました。

まさに転職。

ここまできてしまったら
ライフワーク。

1人で黙々と
風になびく木々の音が
ざわざわと耳に届いてくるほど
無心になって手を動かす畑仕事。

唯一の話し相手は
初心者の私を気にかけてくれる
隣畑のおじさんや
80歳をゆうに超えたおばあちゃま。

あとは両親。

それでもくっちゃべっていては
手元がおろそかになるので
各々黙々とすすめる
実に地味で、素朴なコミュニティが
私の日常となりつつあります。

カテゴリーのリニューアル3.jpg

おまけに泥だらけ、汗まみれになるし
汗をシャワーのように吹出し
鍬を持つ手でいつもマメが出ていて
爪の間には土が混じって黒い。

かろうじて、顔の日焼けだけは
タオルで遮れていますが
日焼け止めなんて
目がしみてしまうので
すっぴんでなければやっていられない。

麦わら帽子に顔を覆い隠すタオル、そして長靴姿は
すれ違っても
誰かまったく分からず
手先はいつも綺麗にして
メイクもしっかりしていた元エステティシャンだなんて
誰も気づいてくれません。汗。

畑で何をしているかと言えば
土を耕し、
雑草を刈って、
必要であれば水やりや支柱を立てたりして
時期がこれば種子を植えて、
実れば収穫して。

これを
ひたすら繰り返す。

でも真面目にやればね、初心者の私でも
いっちょ前に野菜を収穫出来るもので
達成感と共に感動の嵐でございます。はい。

カテゴリーのリニューアル3.jpg

栄養たっぷり。
育てる感動たっぷり。

もちろん植えたばかりで
収穫までたどり着けない時は
自分の考えに近しいコンセプトで
プロとしてやられている農家さんの野菜を自ら通販したり。

お隣さんから野菜を頂いたり。

こうして口にする野菜たちを
自分なりに選んで食すこと5か月。

中年の私に
美容の変化が訪れるのでした。

それは。

日々体重が減量。

さすがに5キロ痩せれば
言わずとも周りが気づき
「どうやって痩せたの?!えっなんで?」
なんて
勇気ある女性たち(海外の人たち)からあびるような質問がきて
お褒めの言葉を頂くので
調子こいています。(笑)

女性40歳を超えると
私の周りがそうなのか
お腹周りの肉が取れないし
体重が増える一方!と
真剣に悩んでおられる。

私もそうだった。

なのに
畑を始めて食事改善を試みていったら
あれよあれよと
減量していって
これはれっきとした結果ではなかろうか。

あとは
吹き出物はほぼ顔から姿を消し
シミもじんわりですが
姿を消しつつある。

ただ、黒が白になったわけではないので
いつか画像に残せたらな。

他には、内科に興味深い変化あり。

まず辛い生理痛が
ほぼほぼなし。

あとは食後に胃液と共にこみあげるげっぷが
起きなくなったり
花粉症は、2月頃からぴたりと、
もちろん猫、埃アレルギーも。

あとは偏頭痛や肩こり
動悸や不整脈が気にならなくなり。

さらに、夜中に筋肉がつって
飛び起きることもなくなった。

なんというか不定愁訴のような不快感が
気づけば、ない。

ただ、体質改善を試みている今でも
外食はあるし
パート先で頂きものを口にする時もあって
時に不快感に再び見舞われることもあるけれど
何が引き金になっているのか
おおよそ想定できるようになり。

自炊して日常に戻せば
じきに快適な体調に戻るようになりました。

ただこれらは
私に起きたたまたまの変化。

だとしても
食を見つめ直し、厳選して食したら
体質が変化したり反応していく様は
純粋に興味深い。

食は、美容ケアの基本ではあるけれど
それ以上に生命を繋いでいる
もっともっと大きなカテゴリーだと
気づくのでした。

たとえば畑ネタを持ち出すと
栄養が足りなければ、肥料
病気や虫対策には、農薬
鬱陶しい雑草には、除草剤

これは
従来の農業のあり方なのですが
広大な畑を所有している農家さんは
活用しなければ
助成金に関わるし生計に響くので
当たり前に活用されます。

そのおかげで
スーパーやコンビニ、ドラッグストアで
年中、欲しい野菜を虫もつかない美しい食材で
コンスタントに
中にはお値打ち価格で買えるような
消費者の生活環境が整えられているわけです。

こんな便利な時代だけれど
農薬や肥料や
遺伝子組み換えや
成分も分からない食品添加物が添加された食品は
きっと身体に良くないだろう、
くらいは頭を過る。

私は、そうでした。

それでも生活が便利で
周りもそうであると
便利さの裏に潜む何かすら
見ない、疑問も沸かない
生活が当たり前になっていく。

そんな生活を送ってきたけれど
痛みを伴わない深刻な体調不良が
たまたま妊活によって発覚し
結果、食と向き合う羽目になり
便利さに逆らう
自然栽培で伝統野菜や穀物と
レトルト食品に頼らない
手作りの食生活に敢えて切り替えて
その渦中で
肌や体調の変化を経験したわけです。

なるほど、そうだったか。

まるで
今まで見えていた色が
ぱーっと違う色に見えてしまったというか。
(霊的ではなく、理論的にです^^)

採れたて8.jpg

枯れてしまった土地も

カテゴリーのリニューアル5.jpg

自然に戻せば4か月すれば
こんなに豊か。

採れたて7.JPG

そして畑をする過程に
妊活、婚活、健康、美容、仕事に
比喩出来るような本質が実はいっぱい詰まっていることに
気づかせれまして
「周りがそうだから、ではなく
自分ならどうしたいか」
と今回のカテゴリーのリニューアルに
至ります。

カテゴリーのリニューアル6.jpg

これまで設けた
’40代妊活奮闘記’と’アラフォー婚活’を
へ移行しまして
あとは引き続き

にて更新します。

私のことなので
動きながらまた
リニューアルするかもしれませんが
自分の中の根幹は
うまく表現できないけれど
変わっていないので
これからもマイペースで
更新出来ればと思っております。

改めまして
これからもよろしくお願いいたします。


※画像の野菜たちは
我が家の畑で実際に成長中の模様です。





次項有コスメティック販売小売店 ビゼン公式HP bizenjapan.com
posted by Michi at 07:41| Comment(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ