隠し味、少々。

2020年06月23日

乾燥大豆から枝豆が採れるまで。

20200623-4.jpg

納豆とか、
お味噌とか、
他にもいろいろな大豆料理をしたくて
大量に買い込んだ乾燥大豆。

それを
水に漬けて数日すると・・・。



水を腐らせずにいられれば
2日した頃には
白い根が伸び始める。

で、試しに畑へ植えたら元気に発芽。

20200623-2.JPG

4か月もすれば
大人の腰ほどの高さまで成長して
花が咲く。

20200623-3.jpg

花が咲き終わればさやが顔を出し
時期に実が成る。

若いうちに収穫すれば枝豆。

収穫せずにほおっておけば木ごと乾燥し、これが乾燥大豆。

そのころは秋です。
待ち遠しい。

今、栽培しているお豆たちは
滋賀県産と鳥取県産。

調べに調べ尽くして辿り着いた
こだわりの農家さんから通販で購入。

試しに植えたら
あらま、びっくり。

説明通り、本当にエネルギッシュ!

実は、大豆とは異なる品種のお豆を
とあるスーパーで買って(物凄い栄養価との説明書きあり。)
それも同時期に植えましたらば
大きく成長はした。

けれど花は数個咲いて
そのあと実はならず枯れてしまった。

うちの畑の土が合わなかったのか
気候が合わなかったのか。

どこかで読んだ。
スーパーフードと言える食材かどうかは
試しに植えてみるといい、と。

確かに、商品になってしまうと
説明書きを信じるしかないわけで
試しに植えてみたら
楽しいでしょうね。

小学生の頃にやった課題みたい。

大豆収穫後には
その場所で次なる野菜の栽培が
待っています。

そもそも大豆は、
成長中に土の中で優れた働きをしている。

空気中の窒素を取り込み養分に変え、
根からの根粒菌で肥沃していて
なので、秋の収穫を終えたら根っこは残して刈りこむ。

根が残ったまま
引き続き相性の良い野菜を栽培できれば
大豆の良さを次の野菜に活かせる。

人間にとって栄養価高い食材は
土をも肥えさせているなんて
泣かせてくれるわ、大豆たちよ。

これをリレー栽培と呼ぶそうで
よし、やろう!

特にキク科の白菜、レタス、ホウレンソは
良く育つらしいし
プラス、生育や虫対策に共存植物を活かしたいので
セリ科の人参やら、
アブラナ科の大根やカリフラワーやキャベツやカブやらを
植える予定です。

ということは
今回のブログタイトルは
’乾燥大豆から枝豆が採れる前まで’
が正しいのだろう。

おまけ:
近所でこんなに大きな鶏!
がお散歩中。

あまりに巨大さんなので
思わず車を停車してしまった。

びくびくしながら
「写真とらしてね〜」と近づいても
威嚇されずにこんな近距離での撮影に成功。

いつか鶏も飼えたらいいなあ。

20200623-1.jpg

三河地方は、おかげさまで今日も平和です。



************************

通販専門無添加コスメティック小売店ビゼン
次項有公式HP bizenjapan.com

posted by Michi at 06:41| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ