元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年06月01日

手作り惣菜のあれこれ。

朝食のお供0.jpg


きゅうりを使って
前回に引き続き、さらに惣菜をこしらえました。

と、先週作成途中の記事を
公開します。


ピクルス.jpg

その前に
ピクルスが無事に浸かったか味見しました。

グローブの香りが好きだからと
調子こいて入れすぎて
おまけにニンニクも生でバリバリ頂きたいと思い
欲張りして沢山漬けましたら
想像以上のピリピリを超えた、ビリビリ感。

ところが、1週間以上したら
スパイシーなりに
若干まろやかさが出て
個人的には大人のピクルスに仕上ったような。

がしかし、
「俺の口には合わない。」

主人の感想もピクルス同様、辛口で
シンプルなピクルスが良かったと。汗。

私独占で楽しもう。

続いて、惣菜たちへ。

キュウリの下ごしらえは
まずピクルス同様に
キュウリの皮事、重曹消毒をしてから
塩もみを2回。

朝食のお供1.jpg

個人的な感覚だけれど
重曹の工程を敢えて加えることで
なんとなくキュウリのえぐみが
軽くなっているような気がしている。

じゃりじゃりとしているお塩を
水でさっと洗い流してからカット。

あとは塩でなじませ
重しを乗せて待ち
キュウリの水気が抜けてきたら
下準備が完了。

だいたい1時間くらいでしょうか。

あとは、さらに
好みの大きさがあればカットし

・梅干し
・黒糖
・鰹節
・昆布、椎茸、片口いわしの粉末
・酢
・醤油

それらを混ぜ混ぜしたら
出来上がり。

すぐ、頂いても良し。
翌日であれば尚、味染みて美味。

朝食のお供2.jpg

続いては、ツナきゅう。

水抜きしたキュウリに

・ツナ
・醤油
・黒糖
・酢
・胡麻油
・生姜

を混ぜたら完成。

そのまま頂いても良し。
さらに、マヨネーズ、すりごま、豆板醬を混ぜると
韓国風に味変。

朝食のお供3.jpg

昆布の佃煮と
手作り納豆と
新生姜の収穫時期にはいったので
手作りガリを作りまして
それらもまた記事にまとめます。

5月も瞬く間に過ぎ、
お世話になった皆様
当月もどうもありがとうございました!








次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com


posted by Michi at 08:45| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ