隠し味、少々。

2020年05月10日

外出出来ず、気が滅入ってしまいそうだから。

マスク.jpg

思わず撮影してしまった
お友達手作りのマスク。

何が驚きかって
品薄と言われているゴムを
パンストで代用しているの。

なるほどその手があったか!と
お見事と言わずにいられなかった。

分かりますか、輪になっているゴム部分は
厚手の黒パンストを切り刻み
縛ってマスクに代用しているんですね。


べビちゃん向けの素材かと思えるほど
触り心地がとっても柔らかくて
耳にかけていても
これなら楽そうで
教えてもらうまで、元がパンストだったなんて
まったく気づかなかったもの。

そうそう、
偶然というか今年に入ってから転職、起業する友人が数名いて
このマスクを作ったお友達も
その一人で
余儀なくしている自宅自粛中に
この方法を思いついたとか。

マメだし、丁寧だし、
ビジネスに活かせたら
この先が楽しみでならない。

元々部屋に籠ってする仕事人だったり
自宅が好きで常日頃から外出が少ない人にとって
なんてことない自粛生活。

というより、不謹慎かもしれないけれど
日常と何も変わらない。

ところが
強制的に行動を定められてしまうと
途端に窮屈になってしまうのだから
なんというか。

模様替え.jpg

今日は、朝から家の大・模様替えをした。

実は、前から必要にかられ
そのうち、大模様替えをしなければと
頭の中にあったものの
面倒で後回しにしていた。

そこに今朝、主人とどうでもよいプチ喧嘩したおかげで
ようやく火がついたわけだけれど
いつもならやらない戸のサンを
ブラシかけてみたり。

隅から隅まで拭いたり
書類の取捨したり
引出の隅々まで綺麗にしたり
そんなこんなしていると
まず一日では終わらないし。

ここに、棚があれば・・・となってしまい
オリジナルで作ろうと手を出すから
それでまた数日、数週間がかり。

なんて、続けていると
瞬く間に1週間が過ぎてしまう。

あとは、パスタが食べたくなって
自分でこねて、お手製パスタを作り
ケチャップやトマト缶を敢えて使わず
フレッシュなトマトを買い込んで
手作りしてみたり。

で、先を見越して、ベランダでプチトマト栽培を始めたり。

ついでに、佃煮が食べたくなって
ならば手作りしてしまおう。

海苔、昆布、鰹ぶし、梅干し、魚介、
お肉でも、シーチキン缶でも
材料は何でも良くて
メインの材料に
生姜、甘味、醤油、酒さえ用意出来れば
2、3日かけて煮込む。

するとびっくりするほど
美味しい佃煮が作れる。

自粛だから作ろう、より
自分のために作ってみよう、と
レトルト、市販の便利な惣菜の手を止め
敢えて手作りに試みてみたり。

やりたいと思っていたことを
丁寧に大がかりにやってみると
「案外楽しいじゃん。」を超えて
家の中での毎日が、忙しくに様変わり。







次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ