隠し味、少々。

2020年05月09日

自家製ハーブの成長記録、続き。


そういえば、結婚してから
体内時計の目覚ましが朝早い設定になった。

はっと、目が覚めた時
だいたいは5時半から6時を指していて。

「早起きは三文の・・・。」と言われる生活に
本当に憧れていて
中々起きられなかったサービス業の頃の自分を思うと
なんだか嘘のような朝方生活も
2年が経ちます。

休みの日だろうと
せっかくなら起きてしまおうと
キッチンに向かい、つい家事をしている。

「今日は何もしない一日。」と決めたはずなのに。

家事をしてしまえば仕事になってしまうわけで
それもジャズを流して
優雅な時間にしてしまおう。

そこにミルを回し、炊き立ての珈琲片手に
窓際のデスクに座れば
ローズマリーも一緒になって
心地よい香りを漂わせてくれて
デスクワークもやっちゃうぞ。

こんな空間で家事もブログも更新出来るなんて
ささやかな幸せ。

ハーブつづき.jpg

さて昨日、ブログに書いた→ ★
切り分けた花瓶で
新たに芽吹いているハーブたちは3箇所。

白い根が逞しい。

このハーブたちは
肉や魚料理に使ったり
大切な人に分けたり
生活に欠かせなくなっている。

昨日と重複してしまうけれど
今でこそ
力強く育っているローズマリーたちも
ついこないだまで病気にかかっていて
その原因は当初は分からなかった。

原因以前に
自分には植物を育てられないのかもしれない、なんて
思ったりもして。

で、1月。

いろんなきっかけが重なり→ ★
勉強し始めて知ったうんちくは
自分にとって効果的なのか
試しに、生活水にひと手間加えてみた。

蛇口に設置している市販の付属洗浄機から
麦飯石をゴロゴロ入れている4Lのヤカンへ
その水道水を注ぐ。

火にかけ、加熱が進み、石がゴロゴロいい始めてたら
15分以上、煮沸を続ける。

煮沸が完了したら
それでお茶を沸かしたり、珈琲を作ったり、
巨大な樽に移し替えて
常温に戻ってから生活水に使っている。

飲料水、
料理水、
野菜洗い、
米研ぎ水、
手作りマウスウォッシュ、
手作り消毒水などなど。

煮沸水を始めてから
とにかく手間がかかり
朝っぱらから、このヤカンに火をかけ
主婦のルーチンが、また増えてしまった自分は
忙しない。

こうして夫婦の生活水を切り変え、
プラス、植物たちにもやり始め、4か月目。

ハーブ.jpg

ちなみに、鉢植えしているハーブの
土壌も、設置環境も変えていない。

鉢も変えておらず、
ハーブにとって変わったのは「水」のみ。

言葉を発しないハーブが
生き様でこの効果を証明しているようで
例のうんちくを理解することにしました。






次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ