元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年05月04日

温かみのある手作りマスク。

マスク0.jpg

マスクは使い捨て。

だと思っていたけれど
すべての人が着用すれば
瞬く間に品薄になるわけで。

ならば手作りをと
マスクもカラフルになっていき
ファッションチェックの楽しみが増えた。

機能性万全な
ランジェリーマスクなんて
よく思いついたなあと関心しています。

我が家は幸い、
今のところ手持ちのマスクで事足りているので
手作りまで手が伸びないけれど
手作りマスクは温かみを感じる。


さいきん、お世話になっている方から
手作りマスクを頂きました。

マスク0-1.jpg

鼻の凹凸にフィット出来るよう針金が入っていて
もちろん、左右にずれないように止め縫いもされていて
耳にかけるゴムの長さもちょうど良い。

折り目があることで
布が広がり顔全体、顎下まですっぽり。

針金が入っていなければ
布をかぶせているだけのマスクになってしまうし
ゴムの長さが短ければ耳が痛くなって
長時間かけていられないので
既製品を型紙にして活かしていたとしても
良く出来てるなあ。

そこに花柄の可愛らしい生地。

これで私も可愛らしい女性になれるはず^^。

洗いまわし、アイロンをかければ
毛玉が出来るまで何回も使えるので
本当にありがたいです^^

マスク.jpg

続いては。

主人が
お世話になっている方から
マスクを頂きました。

同様の仕様を2色、
シャンパンゴールドと、優しいスカイブルーの生地。

マスク1-1.jpg


マスク1-2.jpg

近くで見るとランジェリーのようで
男性が着用すると、ん?となるかと思いきや
むしろ清潔感があり、おしゃれな紳士に見えてしまう。

内側にはガーゼが縫い付けてあり
大き目のサイズなので
メンズレディース共顔のサイズを覆う。

ただ、表の生地が弱いので
指のササクレや、なにかの拍子で生地をひっかけそう。

そうなったら、見た目が悪くなってしまうので
主人には世間様に清潔感のある印象で
出歩いて欲しいので
優しく扱おうね、と使用上の注意点を伝えた。

そうそう。

周りにいる個性的なマスクで登場してくれる
紳士たちがおられるのですが
洗濯したてのしわしわさんを時折見かけるので
手作りマスクの使いまわしには
アイロンのひと手間、重要ですな。

ということで。

さいきん私のお友達が
シルク生地で作ったマスクを着用していて
とってもオシャレで。

個人的には品を感じ
好みのタイプ。

なので、自宅で使わない枕カバーで
質のよさげな生地があるので
それを使って主人用の紳士なマスクを作ろうと
内心思っていましたが
こうして手作りマスクを頂けたので
ひとまず、当面は作らなくて良くなりました。

手作りマスクは、作る時間も労力もかかるし
材料のゴムが品薄とも聞いているので
正直、マスクそのものを頂けるのは
とても、とても助かります。

今までポイポイ気軽に捨てていたマスクたち。

私も主人も、
’洗って使いまわそう’
と自然に気持ちが切り替わっていまして。

とても些細なことですが
身近で心理的な大きな影響を受けていて
物を大切に使う心が養われるのは
とても良い事のような気がしています。





次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ