元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年04月24日

バケツ稲作に挑戦。

田植え0.jpg

バケツで稲作が出来るんだって〜
と、興味本位で始めます。


こないだ通販で注文した野菜箱の中に
黒米が入っていました。

奈良県産のおそらく固定種米ちゃん。→★

軽量していないのですが
大さじ5〜6杯くらいの少量だったので
3合のお米を炊くたびに
一つまみづつ大事に使っていましたら・・・。

増やしてみたらどうなる!?と興味をそそり
調べてみますとバケツ稲作というものを知りました。

これなら賃貸でも
堂々と稲作が出来るではないか。

ということで、昨日無事田植えを終えたので
そこまでの手順をまとめてみます。

まずは検品から。

目で見て胚芽が残っていて
欠けていない丸々とした粒を50粒選び
器に敷き、清水で浸水。

陽が当たる窓際に置いて
お米たちが浸るくらい毎日少量の清水を足していきましたら
確か4、5日くらいで白い根が出てきました。

田植え1.jpg

やがて、緑色した新芽も顔を出し始め。

田植え2.jpg

成長過程で
中には白くカビがかってしまう弱いお米もいたりして
そんなお米たちは破棄して
とにかく、清水が腐敗しないよう注意を払いました。

1割程度の発芽が成功した頃、いよいよ田植えへ。

土壌は、畑からこいできました。

植物が育つ場所の良い土を選びまして
バケツの6分目くらいの量を用意。

1日かけて土壌に水分を含ませ、
土の表面を平にして準備万端。

浸水から10日くらいでしょうか、
ようやく田植えへ。

幼い頃の記憶が頭の中に残っていないので
おそらく人生初体験でございます。

田植えって、わくわくする。

田植え.jpg

バケツ稲作に成功している方々の記録は
ネットから簡単に調べられるので
チェックしていますが
バケツ2つで茶碗1杯分のお米が収穫できる計算。

たった、その程度のお米しか収穫できないという
だからこそ、やってみたい。

稲作を始めて、
台風、害虫、病気などなど幾多のトラブルを乗り越え
無事収穫に辿り着けるわけなので
お米1粒のありたがみが、今までに増して
ぐっとくるのだろう。

ということで、稲作開始。




次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com


posted by Michi at 08:08| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ