元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2020年03月06日

穴子、あじ、鶏を使った夕食いろいろ。

家庭料理1.jpg

冷凍穴子を頼んだつもりが
うまく伝わっていなかったのか
生穴子を買ってしまいました。

もちろん生のが断然美味しいのだけれど
予算をオーバーしてしまった。汗。

数日の夕食の献立を紹介します。
画像順に、煮つけ、焼き、バジル焼き。

煮つけは、ご飯がすすむ。
焼きや、バジル焼きは、お酒のお供。

さて、生の穴子の場合、
ぬめりを取らなければなりません。

皮部全体を包丁で身を撫でるような削ぐようにすると
包丁で上手にぬめりを取ることができます。

あとはしっかりすすいだらOK。

下ごしらえが出来たら
3センチくらいに切り分け、
調理準備が整います。

煮つけは、生姜と醤油と酒と砂糖(サトウキビ糖を使用)を
煮立たせてからどかっと身を入れ、
アルミホイルや落し蓋をして煮込んだら出来上がり。

焼きは、そのまま網で焼きます。

塩を添加するのが通常ですが
我が家は魚そのものの塩分を楽しみたかったので振らず。

穴子の焼きは、もっちもちのジューシーを堪能できるので
一度は食して頂きたい方法です。

バジル焼きは
みじん切りしたニンニクを油で炒めて香りをしっかり出してから
フライパンで焼いて、
身が白くなったら乾燥バジルを入れ、お塩を少々。

白ワインがあれば、入れても美味しいでしょうね。
なくても、美味しく仕上がります。

ちなみに、穴子を食し終えた煮つけのお汁は捨てずに
がんもどきやジャガイモを追加して煮付けると
穴子のエキスを吸い込こんだ美味しいおかずが仕上がります。

煮汁は捨てずに活かしたいところ。

続いて、刺身用のあじ。

家庭料理2.jpg

鮮度が良ければ、刺身は鉄板です。
おろした生姜醤油で頂いたらもう、最高。

あとは、なめろうも
美味しいでしょうね。
この日はお刺身だけで夕食が終了しまいました。

臭みがまったくないようであれば、
さっと湯がいて
ポン酢でいただいても抜群です。

ポン酢は、お酢とお醤油と
あれば出汁を少々と、甘味の少々を加え
煮立たせます。

荒熱を取ってから、
レモン、かぼす、ゆずなどなど
柑橘系を絞るだけでとても簡単に出来るので
手作りポン酢は、美味しいし、本当におすすめです。

防腐剤が入っていないですが
冷蔵庫で保存して3か月以上たっても
味が変わらないので
手作りでもまあまあ日持ちします。

最後に、鶏。
鶏レシピは沢山ありますが
鶏そのものが美味しい時は、シンプルに焼き鳥がいい。

家庭料理3.jpg

焼き鳥棒にささなくても
ぶつ切りにして、グリルしてしまえば
立派な焼き鳥。

素のまま、
ブラックペッパーソルト、
コチジャン入り味噌漬け、
バジルガーリック漬け、
この4品で焼き上げました。

4品あれば素材そのものを味わえるだけでなく
味に飽きないし、
そこにお味噌汁とお漬物があれば
立派な夕食になります。

そんなこんなの
主婦の家庭料理。





次項有コスメティック販売小売店をやっています。ビゼン公式HP bizenjapan.com

posted by Michi at 22:45| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ