元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2019年09月29日

失敗作の巻。

4.jpg

砂利の駐車場のような、贅沢な敷地内にお見事な大木が鎮座しておりました。

先週、主人の用に付き添った際、客先宅のそばにたわわに実る栗を発見し
近寄ってみたら、落ちているわ栗たち。

5.jpg

売り物の美しい栗たちは、人の手で磨かれているからあの艶、だと本気で思っていたので、
収穫したてから艶っていると初めて知った。

さて。これだけお見事な栗と言えば、渋皮煮でしょ。

先日、お世話になっている方から手作りを頂いたのでこの発想なのですが、  ≫頂きもの
「簡単にできるわよ。」に背中を押され、さっそく重曹を購入し、
動画レシピをリサーチしてレッツトライ!

2.jpg

がしかし。

仕上がりは、ワイン煮?
おそらく、甘皮の剥き方が甘かったのか、それとも重曹での煮方が短かったのか
とにかく、頂いたお色とは明らかに違う、美しいワイン色に仕上がった。

お箸でつまむと、お砂糖を入れすぎたのか、気持ちじゃりっとしている。

1.jpg

頂いた渋皮煮に比べると、みずみずしさというより栗らしいぱさぱさ感が強い。

お砂糖の甘味は表面だけにとどまってしまい、
中の栗実まで煮が届いていないところからすると、
これは立派な失敗作なのでしょう。

ところが、主人は栗にまったく興味がないので、この贅沢な気分を私独り占めできるなんて。
味は良し、なので、これら全部、お口に運べるなんてこの上ない幸せ。笑。

いや。これは失敗作じゃないわ!と強がって喪失したり、疲れてしまうより、
一旦は失敗を清く受け入れて、次なるステップに活かすなり、
なんなら失敗プラス、アレンジを加えて新しさを見出したり。

未完成さを楽しめるのなら、
何事も選択肢が増えるような気がしてならない。

なんちゃってワイン煮を頬張りながら、
おそらく年内に完成するであろうDIY後から始めてみたい新たな試みに
一人PCに向かってにんわりしております。

ブログにプラスしたライフワークが増えるような位置づけ、ではあるのでしょうけれど
まったく未経験の分野なので、決行に向け、栗を片手にリサーチ中。







mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============
posted by Michi at 11:11| Comment(0) | 主婦の無添加家庭料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ