2019年09月04日

身勝手な綺麗さ感覚を一撃。


line_1566797957784.jpg

ブクブクと静かな音が響いて、ブルーのライトが光る水槽を部屋に置いてみたいなあ。
ぶつぶつ考えていたら、偶然友人から金魚鉢をもらった。

暑さが和らいだら、魚飼いに挑戦しようと思い、
早速メダカを我が家に招き、飼い方のノウハウを調べてみた。

もらった金魚用のエサを与えみたら、物凄い食いっぷり。
ところが、2日すると水が濁り始め、慌てて、水の入れ替えをしたが
2匹は逝ってしまって、エサをストップしたら透明度が戻った。

メダカは肉食だと初めて知った。
水草に潜むバクテリアや、小さな昆虫がご馳走のようで
メダカ自身や水中植物の新陳代謝と共に、水の浄化を自らしているって、なんたる合理さ。

私の綺麗さは、もはや勝手都合。
メダカ環境のルールが異なるとは、また一つ自然界の法則を学んだ。

広い部屋の小さなケース内で泳ぐ小さな存在、なはずが、もはや我が家では存在感大。
よ〜く見ると、オレンジ、白、ブルーがかった異なるタイプが集合していて、殿姫も混。
いつか卵を産んで、賑やかなファミリーになってくれることを願って、すでに9月へ突入。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================
posted by 美知 at 09:17| Comment(0) | 居心地いい暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。