隠し味、少々。

2019年08月29日

カテゴリの新陳代謝。




エステティシャンを続けて
10年以上も経ち
仕事をする環境の変化と
自分の生活そのものも当然、大きく変化した。

環境が変わると
自然と関わる人も変わる。

人が変われば
新たな自分との考えや価値観に触れるわけだけど
近しい距離の人ほど
自分の考えや価値観の違いで
苦しむことがある。

人は人、自分は自分。

例え親兄弟でも
自分と他人。

頭では分かっているつもりでも
そばにいる人の行動が裏目に出た時
それに巻き込まれ
事態は炎上する。

理不尽
不条理

まさにこれ。

なぜ私がこんな思い、
こんなフォローをしなくてはならないのって。

あまりに悩み過ぎると
心は顔に、深く感情を刻み込み
オーラで自分を包む。

それだけは避けたい!

頭を何度もリセットして
私が選んだ道だからと素直に受け入れつつ
リミットを設ける。

ここまではフォローする、
ここからは各々で欠をぬぐって下さいとばかりに。

そうやって
自分の考えさえ切り替えてしまえば
あれだけ悩んでいた悩みから解放され
「いつも楽しそうね。」
と周りから称賛されたり
考えの切り替えって
本当に興味深い。

せっかくなので
そんな背景を
「私の考える美の在り方」として
ブログのカテゴリに盛り込もうと試みた。

美の在り方って何だろう。
具体的に何を指すのだろう。
その在り方を貫いたなら何が待っているのだろう。

なんて、でもさ、
そもそも美を意識すること自体が
どうでもよい、邪道なことだったら?

意味のないような自問自答をしながら
自分の欲しい答えがあるはずだと
過ごしていった。

納得できる答えが欲しくて
脳の構造とか
心の構造とか
無我夢中で理論を学んでいくと
あらま。

問題や悩みは
自分が勝手に作りだしているだけ、と。

なんたる、滑稽な。

自分の気持ちが
取り乱れさえしなければ
周りで何が起ころうと
多少の痛みは伴っても
間違っても悩みには至らず
不幸を背負っているような顔相にはならない、はず。

思いもよらない
悲しい出来事が次から次へと起こると
あれほど高かいモチベーションが
儚く崩れ、たとえ立て直したとしても
維持できない。

すべてを投げ出して逃げようか、
無かったことだと蓋をして過ごそうか、
頭を過った時も正直あるけれど
結局自分はこんな考えに至った。

平凡でいいから
毎日を穏やかに暮したい、と。

ということで
「私の考える美の在り方」は
カテゴリは新陳代謝をしまして
「私にとって居心地のよさ。」に。

そして、「ほのぼの暮らし」が
一部ダブってしまったので
「ほのぼの」へ今日中にリニューアルします。

改めまして
今後ともよろしくお願いいたします。





mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
=======================
posted by Michi at 08:21| Comment(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ