ビゼン「新」ブログ

2019年07月05日

華のある人に触れていたい。





時々足を運ぶ近所の回転寿司店の玄関先に
美しく咲き誇る花。

0-1.jpg

この花を観ていたら
華やかな雰囲気を漂わせる
私が日頃お世話になっている女性の笑顔が浮かんできた。

華がある人。

いい響き。ある程度のヘアスタールや洋服の繕いで
なんとなく華やかに化けることって女性はできるけれど
特に誰かが掛け声をしたわけでもなく
勝手に自分の周りに人が群がっている人には
どことなく肌が綺麗で、そしてたいして着飾っていないのに
内側から放つ華やかさがある。

どんな生活習慣の違いが
人の華やかさを築くのだろう。
仕事を通じて出逢ったその華のある人に
単に笑顔が素敵だけでない内側から放っている雰囲気が
どこからきているのか、純粋に疑問を持った。

周りにいる人との違いを
私なりに感じた事がある。

その方は、分からないことは、分からないとちゃんと聞くし、
情報は、的確に共有して、
自分だけで抱えるリスクをまず負わない。

そして、気持ちうっとうしいほど
上の人間への情報共有を怠らない。

そして、たわいもない雑談の時には、
へんに周りに同意を求めるような誘導せる口調や、
自分の考えを押し付けることもせず、
どちらかと言えば、言いっぱなし。

お休みを目いっぱい楽しんでいるプライベートを
素直に周りに伝えている。

私から見ると
飾らないコミュニケーションで
人への接し方が自然だなあと感じているが、
そんな人ですら
社会の理不尽な当たりを受けてしまうこともあるようで
そんな時、じっと我慢してこらえることはなく
意外にも、ぶつぶつと小さなガス抜きを
気心許す人にちゃっかりこぼしている。

そして、疲れている時には
ちゃんと言葉に出して
疲れた〜と自分を労っていて
その姿からは、かわいらしさが伺えるから
なんたる魅力なのだろう。

ふと、聞こえてはいけない人に
ボソッとこぼした愚痴が伝わってしまうものなら
素直に大声で「ごめんなさい〜」と一言。

その表情から曇ったというか湿ったような陰湿さや
角が立つような悪意は、微塵も感じさせない。
端から眺めている私はつい
お見事!とこぼしてしまった。

コミュニケーションの仕方は見事だけれど
明らかに、周りへの自然な気遣いや、配慮に不自然さや
恩着せがましさがまったくなくて言動が温ったかい。

だから、華やかさとしてこちらに伝わってくるんだろうなと
一人で納得してしまった。

自分にとって、何が楽しい時間なのか、
何をしているとご機嫌になれるのか
その方はちゃんと自分を知っているようで
あんな華のあるおばあちゃんが家族に居てくれたら、
どんなに楽しいんだろうと
ご家族がちょっと羨ましく思えてしまった。

あと何年
その方と一緒にお仕事させてもらえるか分からないけれど
その女性が放つ華やかさに
日頃から触れさせてもらい
時には氷ついてしまう自分の心をうまく解かしていきたい。

私もそんな華のある雰囲気の人にちょっとでも近づけれたら素敵だなあ、なんて
おこがましい欲もこの際だからポジティブに受け取ってしまおうと思います。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
挙式が決まった花嫁エステ随時受付中ぴかぴか(新しい)
日常の大人エステはこちら→フェイシャルエステひらめき
=======================
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ