元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2019年06月21日

”怒り”とうまく付き合う在り方って?




主人の連休に3日間遠出をしていまして、
一昨日無事に帰宅しました。

行先は、四国一周の車の旅でございました。

ここ愛知県岡崎市から出発したので
実に約2000キロの旅!

もの凄く、走った!

ちなみに県外出張のある主人の仕事上、
メンバーによっては私も便乗出来る時もありまして
遠出出張が決まると私の内心はルンルンになれるのですが
今回は、出張ではなく、完全にプライベートの遠出。

おまけに、四国は中々縁がなく。

連休になったことだし思い切って四国へ走らせてみよう〜
と軽いノリで向かったはいいけれど
その遠さに驚いてしまいました。

おかげで、旅ごたえは相当。

楽しかった旅模様は
後日、ブログで公開いたします。

さて、今日のブログは、
旅ブログではなく”怒り”について。

いやはや、旅に喧嘩はつきものよね〜(笑)

の前に、私のお友達の中に
怒りの感情ととても上手に付き合えている人がいて
先日、地元店’トラン’ランチに一緒に行ってきました。

いいお店だったのでさらりご紹介。

1.jpg

このお店、ホールを担当していたのはご主人で
流暢な日本語を使うタイ人かと思うほど、タイフェイスで。
おっとり〜な雰囲気でした。

厨房からなまりのある日本語が聞こえてきて
どうやら奥様がタイの方で、調理を担当されているよう。

お友達一押しタイ料理店だけあって来店できましたが、
お店の雰囲気も居心地もよくって。

お料理は1品1品丁寧に作られていて
私にはちっと足りないかも、くらい
一般的にはちょうどよい量ではないでしょうか。

2.jpg

ナンプラーとお酢の酸味がマッチしたタイ風焼きそばは
抜群に美味しかった。

最後に、手作りアイスまでついて
確か900円しなかったですから、お安いですよね。

リピート間違いなし。

さて、本題に戻りまして
お友達はなぜ”怒り”と上手に付き合えていると思うのか、ですが
夫婦同士で食事をよくするのですが
穏やかなご夫婦で、
旦那さんに腹から怒ったことがないとかで。

そもそも、”怒り”は喜怒哀楽にもある
人が当たり前にもっている感情の一つ。

たとえば、理不尽な扱いをされたり、
理由なく怒られたり、
無理難題を虐げられたり、
明らかに迷惑をこうむったり、
このようなことって当たり前にあるもので
そんな時、カチンときます。

カチンカチンとなっていくうちに
怒りになっていくわけでして、ある意味、正常な働きと言えますでしょう。

ただ、発想を切り替えてみますと
「それはおかしい。」
「それは違う。」
と思うからこそカチンとなるわけでして、
自分と考えが違うためです。

もっといえば、自分は間違っていない、正しい!との現れからきているので
自己肯定にあたります。

逆に、言われても仕方ない理由が自分にあるなら
すみません、となり、カチンとはならない、はず。

怒りと言えば、スーパーで時々見かける
幼い子どもが床に寝そべって暴れて
「ママ、これ買って!!!」と泣きじゃくる様子。

それでも言うことを聞いてくれないママに
さらに怒り狂う我が子。

親は、自分のわがまま通りにならないことを
体当たりで教えようと示す姿はまさに女神さま。

ところが、周りの目が気になってしまい
わめくより、言うことを聞いてしまったほうがまし、と
ママが根負けしてしまったら
子供は、わがままに育っていくと言います。

教育だなあと思い知らされる貴重なシーンです。

時々、いますね。
そのまま大人になってしまった人。

明らかに怒りのコントロールができない大人は
だだをこねる子どもと変わらず、
単なる我欲に過ぎない事が理解できます。

出来れば、距離を置きたい人ではないでしょうか。

お客さんだったり、職場の上司やボスがそんな方だと
お金を頂いている以上、それは避けられないでしょうが
プライベートは人を選べますので悪しからず。

中には、怒りを使いこなさなければならない立場や職種が世の中にはあります。

人の上に立たなければならなかったり、
律しなければならない立場だったり。

怒りを敢えて活かさなければならない仕事に就いている方を見ると
子を叱る親と同じで、愛情と似ているのかもしれません。

ただ、怒りを間違って使うと大変。

一部では、怒りません、私は。
と感情に蓋をすることを美徳とする教育論がありますが
これは正常な感情と逆。

時々おられます。ずっと笑っている。

健常者なのに笑うことしかできないと
いざ、真剣勝負の場に立った時、何も言えなくなってしまう。

笑っているだけで、自分の気持ちを伝えられない。

もちろん、それぞれの考えがあってのことなのでしょうが
相手に言葉で気持ちを伝えない、のは
伝えられなくなって、
やがてコミュニケーションの欠如に陥ります。

怒りとうまく付き合う方法は
感情に蓋をするのではなく
人が持つ理性を働かせて
怒りのメカニズムを理解すること、
なのかもしれません。

先日戻ってきた四国の旅の丸3日間に
怒りに至らないカチンがあって、
そのたびに、こんなことを考えていました。

ああ、私ってわがままだよなあ、と。汗。

一緒にランチした彼女が時々こぼす
「も〜怒れちゃってさあ。」が妙に和やかにさせてくれる。

後日、四国一周の旅、更新します。





mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
挙式が決まった花嫁エステ随時受付中ぴかぴか(新しい)
日常の大人エステはこちら→フェイシャルエステひらめき
=======================
posted by Michi at 23:22| Comment(0) | 穴場なグルメ店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ