ビゼン「新」ブログ

2019年05月19日

私成りの無理をしすぎない過ごし方。

ちょうど1か月前くらい
新しい事を始めました。

いつの日かブログで
その事についてまとめたくなるかもしれませんが
習い事にしろ、
転職にしろ、引っ越しや新婚生活にしろ、
新しい環境に自分を慣らすまでに
一番大切なのは時間だと思っています。

4月から新しい期を迎えた人にとって、
5月も半ばを過ぎれば、
ようやく新しい環境に
身体が慣れ始める頃でもあるでしょうか。

人間関係が変わり、仕事が変わり、生活が変わる。

つくづく変化に柔軟に生きたい、と思って過ごしています。

だって、環境の変化の中で
人生の大切な多くを学んでいくので。

性格云々は当然ありますが、
心身は当然疲労しますし、
普段の自分ではない無理をしがちで
体力も消耗します。

それが、
ある時期から
気を張っていた自分が
当たり前に過ごせていることに気づく頃がきます。

こうして、
なんとなくなりに心身が環境の変化に
慣れる頃を迎えます。

そこまで来れたら
あとは、地道ながらその事をひたすら積み重ねていく日々なので
自分が楽に過ごせるようになりますよね。

自分は三日坊主だ。

そういう節があれば、変化をうまく受け入れられない、
または、柔軟性に富んでいない、とも
とれるかもしれません。

もちろん、全てを受け入れる事が正しい!とは言えないかと思いますが
それは置いておいて。

私事ですが
昨年の5月に嫁いでからようやく新しい生活に慣れつつあった頃に
再び先々月3月に引っ越し、さらに4月は新しい事を始め
環境の変化をしています。

なので、一週間が瞬く間に過ぎるような感覚で
先週の母の日ですら、見送りました。

例年であれば、
今日が母の日だから何としても花を渡さなければ!と
無理をして実家へ駆けつけてたり、
郵送料を使い、花を送っていました。

自分に義務を課していましたね〜

実の親子なので
何か夢中になっている時はそのことに没頭して
会った時に日頃の感謝を伝えたり、
品を渡すほうが、親としては嬉しいと今でこそ理解できましたが
自分に義務を課していた頃は、
「世間が母の日だから!」と
相手の気持ちまで配慮できなかったなあ。

なので、
今年からは敢えて無理をせず、過ごしています。

次に会った時に
母の好きな花でも渡そうかな、程度に。

そうしましたら偶然ですが
母の日の翌日に急きょ主人の仕事が休みになりまして
実家へ二人して行きました。

結果的に、私の実両親と夕食を摂り
温かい家族団らんのヒトトキを過ごせました。

7-1.jpg

今、していることで
無理をしすぎていないか?

生死の関わることや
生活に支障をきたすことで
無理をせざるを得ない状況はさておき
無理しすぎているか否かの判断は簡単ではないからこそ
自分の感覚は理解していたい。

無理は
行き過ぎてしまう依存を潜んでいるからこそ
自分に負荷を与える程度がちょうどよい。

無理をすることは美徳だわ!
と過ごしていた頃が私にはありましたが
正直あの時は毎日疲れ切っていたなあ。

敢えて負荷を与えよう、
程度は何かと
リラックスした毎日を過ごせるものです。

母の日の花を眺めながら、ふと
そんなことを振り返りながら。







mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
挙式が決まった花嫁エステ、随時受付中ぴかぴか(新しい)
日常の大人エステはこちら→フェイシャルエステひらめき
=======================
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ