ビゼン「新」ブログ

2019年05月06日

GW心地よいお休みの過ごし方。

令和元年を迎えてからの
長期GWは今日で最終日となりましたが
いかがお過ごしですか?

実は私事ですが、平成最終日に
43歳の誕生日を迎えました。

そして、私の誕生日の1週間後には主人の誕生日。

私たちが出逢い、
2回目のお互いの誕生日です。

休みが少ない仕事をしている主人の都合もあり
今年から、お互いの誕生日近辺で休みになった日を
お祝い日に充てようと決めました。

ということで、
夫婦のお誕生日会と称し
岡崎市から少し走らせ、名駅周辺のレストランへ行ってきました。

7-10.jpg

7-9.jpg

(ブログ記事、下段にお店の記事を公開していました。)

甥と姪もアルバイトさせてもらっているので
ファミリーに会いがてら、
お肉料理がとにかく美味しい!とのことなので行きました。

7-14.jpg

サラダから始まり、

7-13.jpg

↑これ、豚はスペアリブ。

ナイフがいらないくらい
柔らかく煮込まれていました。

私が牛を沢山食せないので、贅沢に頂けました。

7-11.jpg

↑主人は、ブラック・アンガス牛のサーロイン極厚ローストビーフ150gを頼みまして
男性一人でも、満足すぎるボリュームでした。

かなり美味しい、の一言で申し訳ないほど
抜群の安定感。

7-2.jpg

↑締めは、ゴルゴンゾーラのアイスクリームです。

人生で初めて、
ブラックペッパーを振りかけているアイスを食しましたが
口に入れると
舌の体温に反応してゴルゴンゾーラチーズがチョコレートのような触感に変わり
アイスの上になぜ水あめがかかってるの?と
一瞬脳がパニックしますが
舌の上で甘さがいいバランスに混ざり合い、とにかく美味!
大人なアイスでございます。

姉が働いるお店だからとひいき目ではなく
本当に絶品でした。

ここに向かう数時間前にちょっと遅めのランチをしたので
そこまで空腹でなかったのですが
次回はお腹を空かせて他のメニューも食したい。

大人がくつろげるお洒落な店内です。

夏季に入りますと
ビルの上階で期間限定のビアガーデンが始まります。

行かなくっちゃ。

くどいですが、ひいき目ではなく
とてもいいお店なので紹介しますー

場所:名古屋市中村区名駅2-36-8
定休日:月曜日

※要、予約です。

先日、素敵な誕生日会を過ごせましたが
そもそも、
「誕生日だから、みんな私を祝ってね〜。注目してね〜。」
とあまりに大げさに前に出過ぎているSNSを
見かけることがあるのですが
内心、痛々しいと言いますか、
美しい大人の行動とは言い難いなあと
せめて自分の行動は改めなくてはと反面教師になっています。

誕生日は祝ってもらう自分が主役ではなく
私を産み、ここまで育ててくれた両親や
周りの人々や環境が主役であって
本来は誕生日の本人が感謝をすべき節目の日だと
考えを改めた令和元年、早々の誕生日会を過ごしましたが
「おめでとう。」と
家族やお友達からメッセージをもらったり
お品を頂きますと
素直に嬉しい!

なんと
主人がお誕生日プレゼントの予算を組んでいるよ!と
言ってくれ、正直驚きました。

それも私にとっては結構な額!
本当は、のどから手が伸びているのですが
ここはぐっと我慢。笑。

なぜなら、先月引っ越しをして費用がかさんでいまして
ここは冷静にならなければなりません。

気持ちだけありがたく受けとって、
その変わりに前述した姉の働くレストランで
美味しい食事や素敵なお店に行けましたし
何より愛するパートナーがそばにいて
一緒に過ごせています。

一昨年には考えられなかった現実なので
それだけでも贅沢すぎるほど。

そんなこんなのGWもいよいよ最終日ですね。

連日外出で忙しく過ごしていますよ〜
となれば、従来のイメージ通りの
華やかなエステティシャンオーナー像ですかね。

私の場合、イメージを思いっきり崩しますが^^;

基本的には、青い空を眺めながら
近所のスーパーへ徒歩で買いだしをしたり、
ちょこっと寄り道して散歩したり、
家の中を片づけたり、
地味に素朴な時間をほぼほぼ締めています。

それが、10代〜30代半ばまでは
休日は絶対外出!と
居ても立っても居られなった衝動にかられ
心ここにあらず、というような
常に落着きのない休日を過ごした時期もあった。

連日人に逢い、
人で集う華やかな空間へくくりだし、
その光景をパシャパシャ撮って、
敢えて公にしていました。

今振り返れば、それをあえて公にする必要は
どこにもありませんし、
世間に敢えてアピールして、外出をするとは、
孤独を埋められないまさに典型的な行動パターンをお見せしているような
寂しんぼをさらしておりました。

不思議なもので
あれだけ世話しなく外出をしていましたが
心の底から幸せだなあ〜と感じてはおらず。

一歩外へ出ると周りに
気をつかっていますから
帰宅した時の脱力感はぐったり、
相当な負担がかかっていました。

で、翌日からは通常稼働。
これでは身も心も休まりませんし
そんな自分を止められなかった。

つまり、寂しさや孤独は
他者が満たしてくれるものではないんですよね。

GWの過ごし方と言えば、
私にとっては、いつも通りのブログ更新。

そもそも誰かに頼まれたわけでもなく、
自発的です。

今でこそ、
私が日々感じた気持ちの整理としてのライフワークになっていますが
何より更新を楽しめているので続いています。

当然、公に更新しているので、
素人ながらブログの筋道を頭の中でまとめつつ
添削を繰り返しながら、更新しているので、簡素な記事ですら1時間、
平均して2時間、長いともっと更新に時間を要しているのは
かなり行き過ぎますのでほどほどは課題ですが
(本当は1時間でまとめたいのですが今の私のスキルの限界ですあせあせ(飛び散る汗))

それがなんと、中学生時代の同級生から
ネットサーフィンをしてこのブログに辿いたよ!と
連絡をわざわざよこしてくれ、
本当に嬉しかったですね〜

意図していない反響がありますが
何より自分の心にそっと向き合える
静かな時間をGWや休日に限らず、
人生に持てるようになりました。

ここに寂しさや孤独感は
まったくありません。

休日ともなれば予定をぎっしり埋め
外出にいそしんでいた頃。

そして、今。

ブログ更新の在り方もがらり変わりました。

外出ばかりしていた頃は
考えをまとめる文章にまとめるという在り方はなく、
こんなことしたよ、あんなところ行きましたよ、と
日記のような簡素な更新だったので
記事の作成に15分もかかりませんし、
電車移動中にさくっと更新できるほど。

そこには、静かな時間という概念そのものが存在していませんでした。

単なる元からの’でぶ性なのでは?’
と主人から言われてますがあせあせ(飛び散る汗)そうとも言えず。

そういえば、この10連休が明けますと
うつっぽくなる人がおらるようで
そういった人たちへ向けた記事を拝見しまして
敢えて、今回のブログにしてみました。

世間はお出かけして
楽しそうな時間を過ごしているというのに
自分はどこへも行かず、家に居てて良いのだろうか?
と不安を抱く。

かつての私は、予定をぎっしり埋めて
華やかに見られていましたが
実は心から充実しておらず、楽しんでいなかった。

予定ぎっしり外出する=充実

そんなGWを過ごすイコール構図は成り立たず
忙しいからと言って本人が心からその時間を楽しみ、
いい時間を過ごし満足できているかは別問題。

だから、
周りがどう過ごしているかは
参考程度に出来れば理想で、
予定が入っていない自分に
不安や孤独を感じてしまったら
周りの価値観に振り回わされていると気づけたら
自分が楽になります。

周りがどんな過ごし方をしていようが
どちらでもよくて
「自分は何をしていることが心地良いのか。」

なので、
こんな過ごし方もありますよ、と
A、B、Cと並べるアドバイスは処方的だなあという程度の鵜呑みにせず、
私は休日は何もせず、本能のまま、
クラゲのようにだらだらに脱力で過ごしたいのよ〜

であれば、
それが自分にとって一番の心地よい幸せな楽しい過ごし方となります。

休日は自分の選択で、自分らしく過ごすことが
本当のリラックス(癒し)。

常日頃から
生活のすべてを誰かに頼りきって
自分は仕事も何もせず、GWもだらだら過ごすわ、
というのは論外ですが・・・

ではなく、
日頃はお仕事や、自分がすべきことに励んでいるわけで
それだけで立派な人生を送っているので
お休みくらい、自分の心地よい時間を過ごせることが幸せだよなあと
思っています。

お子さんが居るママはそうはいかない。。。ですが。

ちなみに私は、
ベランダにリラックスチェアを置いて
ゲームしたり、本を読んだり、食事をしたり、
そうやって自宅でのんびり過ごしたい。

自分にとって何が
心地よい休みの在り方なのか。

そんなことを考えたGW最終日です。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=======================
挙式が決まった花嫁エステ、随時受付中ぴかぴか(新しい)
日常の大人エステはこちら→フェイシャルエステひらめき
=======================
posted by Michi at 10:02| Comment(0) | 穴場なグルメ店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ