ビゼン「新」ブログ

2019年03月11日

迷うなら進むべき?

確定申告が終わりました。

所轄は岡崎市税務署になったので
今回初めてここで提出しました。

朝から車を走らせ、
受付の5階へダッシュで向かいましたが
朝一番からちょっと出遅れた8時半過ぎだったのにも関わらず
結構な人が並んでいる!

受付に近づき
でかでかと貼られたポスターに改めて目をやりますと
ちょっと小さめの字でこんな記載が。

「事業の確定申告書を提出するだけの場合は1Fの受付へ」
と。

完全に私の見落とし、リサーチ不足・・・

並んだ20分意味がなかったわ〜
と、一瞬がっくりしましたが
1Fの受付で並んでいた人は10名もおらず
すんなりと受領印を頂け、一瞬で忘れていました。笑。

こうした待ち時間や提出の手間を省く為に
e-taxというインターネットを介して
提出する便利な方法があります。

私も考えていましたが
マイナンバーカードを読み込むためのカードリーダーを
別途購入しないといけないので
そこまではいいかな、と思い
今年も窓口へ直接提出する方法を選んでいます。

あの後、館内にある別の機関での用事があったので
そのまま済ませ、駐車場に向かおうとしますと
1Fの受付には長い人の列〜

「申告期限前は大変混雑しますので申告はお早めに」
とは、これまで至る所で目にしてきた一文の意味を
目の当たりにしているようでした。

来年も迷わず朝早い時間に提出しよっと。

私の場合、会館を入ったのが8時半過ぎ、出たのが9時半だったので
すんなりと申告を終えることが出来て
ホッとしています。

確定申告の労力はけっこうなものがありますが
実益に直につながらないので
何も声を大にするほどの賢い作業でもなく
出来ればさくっと終えたいところ。

そのためには
あもすも言わず
月次で会計処理をきっちりこなし
常日頃から整えていれば
正直それほど手間ではなくなるので
迷わずとにかくやれ、と
これも自分次第なんですけどね。

さて、
今年に入ってからというもの
ためてしまった確定申告作業をコツコツとしつつ
毎日の家事、
エステのメール対応、
主人の会社の会計や銀行業務、
病院通い(妊活中のため)など
同時進行してきたので
充実した時間が長らく続いています。

今月末には引っ越し。

たった10カ月しか
今の場所に住んでいないのに
私物が結構な量。

靴だけとってもかなりの数で
それを×主人分と二人分まとめないといけないので
梱包もすでに始めています。

これも確定申告の作業と同じで
日頃からコツコツこなしていれば
少ない労力で完了するのにねえ。

形があるようでない
別の作業で大切な事と言えば
PC内のデータ管理でしょうか。

ほんと、あっという間に
膨大な容量になっていますから
定期的な断捨離は必須ですぞよ。

フォルダ画像を整理していましたら
懐かしい思い出が顔を出しました。

ブログのシステムに読み込ませた後は
御礼の気持ちを込めて
PC内から削除しました。

9.jpg
この画像は、東京都内の某所セミナールーム。
おそらく2012年頃。

お友達の親族(中央の赤いワンピースの女性)が
初の講師セミナーをやるから来て、と誘われて行ってきた
カイロプラクティック講座でした。

女性だけの小人数セミナーに
お茶菓子は必須でしょうか。

和気あいあいと和んだセミナーを受けた記憶があります。

7.jpg
この画像は、
アルバイトとして1年半勤務してきた
東京都内新橋にある某リサーチマーケティング支援企業内で
2009年頃です。

日頃はエステティシャンをして
兼業を希望した異職の私を
採用して頂いたのですが
採用理由を後日聞きましたら
’コミュニケーション能力’との事でした。

150名近い社員中の、確か7割以上が大卒者。

中には、新卒で採用されてから転職経験のないまま
勤務し続ける社員も多くて
なんだか学生時代を思い出させるというか
悪く言えば幼さが際立ったトラブルが裏ではあって
学生時代とほぼ変わらない雰囲気、空気感が
私にはある意味新鮮でした。

「エステティシャンだからこその接客スキルを活かして下さい」と
この会社の特色でもある
特定層の個人クライアントを束ねる部署に
私は配属され、
リサーチはおろか、ITの知識すら乏しいのに大丈夫かなあと
不安だらけだったのですが
美容業の経験がいろんな形で活きていくんだなあと
自分の価値について
客観的に考えたものです。

しかし、そこは数百万人の登録者を束ねる企業。

配属された部署では
Excel機能をフル活用しますし、
作業には必ず納期があるので
スタッフのデータ入力動作は、まさに神業。

半端なく早い!

しかも話しをしながら、当たり前に別の作業をこなすし、
「マウスを左で操作するよう叩きなおされた時代があったのよ。でないと、右手でキーボードの電卓弾けないでしょ。」
という現役時代は会社に泊まるほど激務を経験してきた
元正社員のパートさんも同じ部署にいて
別世界に自分の身をおいているような感覚に陥るほどでした。

他の業務には
ユーザー向けに毎週複数のメルマガを配信したり
メール対応をしたり
とにかく文章、数字を入力することが多かった。

ここでも自分の無力さが際立ったのですが
Officeスキルも文章力もマーケティングの知識も
恥ずかしい(;´д`)トホホな有様で・・・

そんな私に、1から丁寧に親切に教えてくれたのが
画像右手の女性、同じチームの先輩でした。

趣味とか、
ファッションとか、
ライフスタイルも私とはまったく異なるタイプの方でしたが
だからこそ、私には人としての興味を抱きましたし、
先輩から吸収したいことが多かった。

日頃の御礼にエステのモデルをお願いしたり、
沖縄に住んでいた時にはわざわざ旅行へ来て会いに来てくれたり。

とても思い出深い温かい先輩です。

555.jpg
この画像は、沖縄那覇に住んでいる時、
旭橋駅手前のゆいレール線を撮影したかと。

ハートなのか、輪なのか、
不思議な雲を撮ってみたかった。

沖縄って、一歩外へ出ただけの空が
息を飲むほどに美しく、
せっかく自分の身を置くなら
やっぱりこういった美しいロケーション地に住むのが理想だなあと
今でもよく考えます。

11.jpg
この画像は、中部国際セントレア空港のカフェ。
名前は忘れました。

この煎茶を飲みながら
沖縄へのフライトを待つのが
私の中の恒例になっていたなあ。

確定申告を終え、
気持ちにちょっとゆとりが生まれ
PC内の断捨離ついでに
思い出に浸ってみました。

振り返ってみますと
「こんな道選ぶんじゃなかった〜。」
「この選択、遠回りだったかな〜。」
と迷うような選択経験ほど、実は、
ずいぶん時が経った後に
自分の身を助けたり、
豊富なスキルを養っていたり、
自分が気が付けなかった別の価値材料になっていたり、
姿形をかえてチャンスに変わる瞬間がある。

マイナスと思っていたのに、実はプラスだった?

それ以前に、損得勘定ばかり考えて打算的になると
迷うばかりで自分が動けなくなる。

車を運転したいのに
運転免許証がなくても運転してしまえば
ルール違反(法律違反)と同じで、
踏み誤ってはいけないルールはありますが
それ以外、自分の中で迷うなら
ひとまず飛び込んでみると
無駄な経験って実はないのかなあと捉えています。

この絡繰りに目を向けられるようになり
心から自分が納得が出来れば
それからの人生は
とっても鮮やかな豊かさを帯びていくのかなあと
確定申告を期限内に無事終え
ちょっとばかり達成感にひたっています。

迷うなら進むべき?

まず迷いすぎると思考が鈍るし
動かなければ何も生まれない。

だからこそ迷うなら一旦は飛び込んでみるのも
一つの方法で
結局は自分がどうしたか?
であって
いざ飛び込んだ後、その経験を活かすも殺すも
自分次第なんですけどね。

さて、次の作業に迷わず動きます!








=======================
=======================

posted by Michi at 14:02| 美容・旅/居心地いい暮らし
Powered by さくらのブログ