元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2019年03月14日

にょきにょき育つ豆苗のように。

いつしか母がくれた豆苗です。

ほんのりと大豆の甘味を感じさせるような
美味しく頂きました。

1回目の収穫を終え、2回目の成長↓お見事。

5.jpg

始めは、
若干太陽の日差しが届く程度の
狭いキッチンに置いていたら
大した成長がなく
リビングへ移動させたら、こんなに元気に茂った。

あまりの茂り様から
植物も人のように
光がしっかり届くオープンの場所を選ぶのかしら
と思ってしまったほど。

実は、この画像は2回目の収穫を終える前で
今は3回目の成長を待っていて
新芽がすでににょきにょきと伸びています。

大きくなあれ。

さて、豆苗と同じで
人も光がなかなか届かない暗い狭い中に
自分を押し込めてしまうと
オープンでなくなり、心が枯れていくような気がしている。

なぜだろう。

心が枯れそうな時って
暗い所にとどまりたくならないだろうか。

どれだけ明るい人と接しようが
大勢の人で賑わう場にくくりだそうが
明るい洋服に身を包み、着飾ろうが
じめじめしている陰の気持ちから
なかなか脱しられない。

どうしてか、人との接点を絶とうとしたり
影に留まる自分に
心地良さすら感じてしまう。

だからこそ、そんな時ほど
自ら太陽の光がしっかり届くようなオープンな場所に
それらの力を借るくらい
強制的にでも移動できる身軽な器用さを持っていたい。

実は私はこれまで、
エステティシャンとして
本名がエステティシャンを
それなりにイメージしてくれるような気がして
敢えて、姓名を伏せ、美知という名前だけを
名刺に印字し伝えてきた。

源氏名ですか?と尋ねられることも少なくなかった。

堂々と自分をオープンに表現していた気でいたものの
ある時から中途半場さの影に気づき、
今のさくらのブログに移転してから
姓名と生年月日を堂々と公開している。

(スマホからだと閲覧できないので
下段の「PC版を見る」クリックすると
画面右手に私の画像とプロフィールを閲覧できます)

今の時代、個人情報保護法が云々かんぬんあるけれど
商売として自分の顔を出している以上、
保護法ばかりに捉われていたら何も出来ない。

それより、
’たった’フルネームと生年月日を公開した程度なのに
ブログの方向性が安定してきたし
美容業に携わる者として本懐を遂げているような
とてもすっきりした気持ちで更新できるようになった。

もちろん、社会人としての
良識ある範囲内を念頭に動いているつもりだけど
オープンで堂々と居る、という在り方の
自分の中の影響力の大きさに
正直驚いている。

結果的にそれだけでなく、
出逢う人も、人生の流れも変わりつつあり、
いつも穏やかに居られるようになっている。

光をしっかり届け、
自分を殻に閉じ込めないような在り方でいるって
ある意味、生きやすい秘訣なのかもしれない。

すなわち、美の在り方。

それが、自分の雰囲気となっているような気がしてならない。

綺麗だなあ、かっこいいなあ、と
心が素直に感じる雰囲気を漂わせている人って
やっぱりオープンだし、堂々としている。

にょきにょき育つ豆苗を眺めながら、
光をしっかり浴びて、すくすく育ってね。





=======================
=======================

posted by Michi at 09:06| 美容・旅/居心地いい暮らし
Powered by さくらのブログ