ビゼン「新」ブログ

2019年03月15日

ほどほどの趣味がもっとも楽しい。

さらにすくすくと伸びています〜

4-1.jpg
4-2.jpg

先日更新した豆苗と同じエリアで
毎日日光浴させていて、
1つの枝がさらに
二つに分かれて伸びようとしている!

4-3.jpg

ああ、なんと感動的なのでしょう。

と、私の今のささやかな趣味なのですが
趣味って、無になり、時間を忘れさせますが
ほどほどにしておかなければ
大変な事態になりかねない域です。

趣味から始まり
気が付くと実益を兼ねる仕事になっていた。

そんな人生は素敵だけど
非日常くらいにとどめておけたほうが
本当の意味で楽しめるのかなあと思っています。

さて、私は、高校を卒業する頃に
人気絶頂期のスノーボードに興味をもった。

社会人になり、仕事休みの前夜から毎週雪山へ車を走らせ
自分の趣味になっていった。

山の傾斜を垂直に
1本の板の上に乗って颯爽と滑る。

始めた当初は、転倒ばかりして
滑るよりゲレンデで座っている時間のが長いほどで
そんな初心者の壁を乗り越えて
少し慣れると次にやってきた全身筋肉痛。

膝を少しも曲げられないほどの激痛の時もあって、
趣味で行っているはずが翌日の仕事に影響が出てしまうほど。

痛み以上に
長野県や新潟県へ遠出する旅や
ゲレンデに居る非日常や
趣味を通じて出逢う人達との交流が楽しくて
毎週行った。

だんだんと欲は増していって
より早く、より颯爽と滑るには
どうしたらよいか
考えるようになった。

雪山の傾斜に身体を合わせて滑るには
スノーボードの機能性を
しっかり活かす筋力もなければ転倒する。

普通に日常を送る程度では
鍛えられない上半身と下半身の筋力を
鍛えなければお話にならない。

素晴らしい滑りには
すべてにおいてバランスが取れていて
そのスタイルは本当にお見事、美しい。

上手い人を見ては真似て、
プロの動画を観てはイメージして、
ある程度上手に滑れるようになった頃に
冬が終わる。

雪のない季節にどう過ごすか。

私は、手っ取り早い方法はないか考えた末に
サーフィンを始めた。

自宅で腹筋と背筋とスクワットもして、
毎日身体を鍛えた。

そんな陰ながらの努力が芽を出し始め
それなりに上達をしていくと、次に週末スノーボーダーでは物足りず、
お金を貯めて友人と部屋を借り、
北海道に3か月住むほどになっていた。

やがて、春が来て、
短い北海道生活を終えたと同時に
スノーボードの趣味はサーフィンにシフトチェンジ。

勘の鋭い人にはお見通しだと思いますが
「仕事は趣味のためにある」と
平気で言い放てるほどの責任ない甘ったれた人生を
23歳まで過ごし、ある意味
恵まれた環境にどっぷり浸かっておりました。汗。

そんな環境から一変し、
エステティシャンとして
人生で初めて仕事に重きを置けるような業種と出逢い
サーフィンを健全な趣味程度におさえて
37歳まで過ごしました。

ゴンドラの手すりが冷凍庫のように凍る氷点下や
片栗粉のような白い結晶が風で舞う白銀の世界。

より良い波を日本全国に求めて
四国や日本海まで遠出して異国の地に触れ、
趣味を通じて、いろんな人にも出逢え、
土地土地の食や自然を楽しんだり、
世界が広がっていった。

「興味はあるけどやめておこう」
となっていたら未知な世界であり、
あの頃の時間は、今でも貴重な経験になっている。

趣味が洗練され、プロ(仕事)に開花すれば
そこには責任が伴うので
よほどの法外や、人の道から外れていなければ
周りに迷惑はかけることはほぼない。

しかし、もっと、もっと、と
のめり込むほどの魅力が趣味にはあるもので、
極めれば極めるほどに洗練していくプレゼントまでついてくるから
そんなプレゼントを一度でも手にしてしまうと・・・

ほどほど程に抑えるバランスすら取れなくなっていく。

散財したつもりはないのに
自分のお財布がいつの間にか空っぽになり
お金を借りてでも満たそうと
すべての時間も没頭している
自分に歯止めが効かなくなる。

もうブレーキが壊れてしまっている。

こうなってしまえばマイナスで
周りに迷惑をかけてしまい
いつの間にか、身の丈を超える。

趣味:
人が自由時間に好んで習慣的に繰返し行う行為、
事柄やその対象の事。

自由=責任

行き過ぎたばかりに責任が負えないようであれば、
それは明らかに負。

どこかのタイミングでブレーキを踏み、
線を引かなければ
趣味には、依存という影が潜んでいることを
肝に銘じたい。

もちろん、個々の性格なのだろうけれど
そんな怖さを孕んでいるからこそ
趣味はほどほど程度に楽しむのがちょうどよいバランス。

まず前提に、
趣味はまず周りに迷惑をかけない範囲で行うべきであり、
自由時間、と敢えて翻訳されているのが
妙にうなずけた。

そんなことをぼんやりと思い出しながら
今ある環境の中で
すくすくと力強く天に向かって伸びようとしている新芽を
眺めています。







=======================
=======================
posted by Michi at 10:10| 美容・旅/居心地いい暮らし
Powered by さくらのブログ