2018年12月31日

新しい年を迎える前に

先ほど、
長らく更新を続けてきたアメーバブログから
最後となるブログを更新いたしました。

引っ越し先にしたこのブログは、
正確には、
当店の公式HP内の最新情報欄にて
サロンの告知をするために
既に取得していたアカウントを活かしています。

なので、正しくは「新」ではありませんが
敢えて、新と位置づけています。

初更新となるブログは
少しの自己紹介を交えながら、
これが本当の本年さいごの更新となります。

※このページは日時設定にて、
今月中旬から準備を整えてきた更新となります。



さて、このビゼンは、
私エステティシャン美知が、
自営業を始めたエステサロン名です。

私自身、エステティシャンのお仕事に就いたのは、
自営業になる約4年前です。

美顔、痩身、リラクゼーション、脱毛、
その他付随するセールス、など
多岐に渡る技術と知識の基本を
日本エステティック協会に属しながら、
職場での現場経験を積み、
そこから、フェイシャルの奥深さに
より興味を持ちました。

そこから、自営業者になったことを機に、
’リフトアップ小顔’にしぼり、
フェイシャルエステやブライダルエステを
エステティシャンとして
このビゼンサロンから提供しておりました。

また、日々の素肌ケアは
フェイシャルの基本中の基本です。

数多くある会社から
スキンケア化粧品(株式会社フェースビューティー)を厳選し、
取扱いと、小売店としての通信販売、
また、セルフスキンケアの方法をお伝えする講師も
時々させてもらっていました。

その宣伝広告ツールとして、
ブログを設けておりました。

旧、ビゼンブログ >>> 

アメーバブログを敢えて選択したのは、
補足しますと、
著名や芸能などのお仕事に就かれている多くの方が利用していると言われ、
一般人でもアクセス数を増やすことが可能で、
また、多くの方の目に止まるようなメリットもある、
ということから選択しています。

また、
「日本の女性を美しくしたい」という考えをもっていた時があり、
そこに少し触れてみます。

したい、という私の願望を含んでいるメッセージ性ですが、
そもそも美しさは私がとやかく言うのではなく
それぞれが自分の心が感じるもの。

何を美しいと感じるか、
あくまで自分がどう思うかが軸にあります。

例えば「あなたは美しくない」と
家族、友人、知人、職場の方など誰かに言われたとしたら
想像しただけでもショッキング極まりないですが
よくよく考えてみますと、
自分自身の心がネガティブに捉えたからショッキングなだけで、
どこを捉えて美しくないと思っているのか、
外見のことを言っているのか、
雰囲気のことを言っているのか、
自分好みではないからなのか
その言葉からではすべてを理解できず、
もう少し深く探ると意外な回答があったりして、
自分を見直すよい機会になる場合があります。

そう考えると
もし傷ついたとしても、
言葉をそのまま鵜呑みして自分が傷ついたという、
自分の中で勝手に変換したことに
視点に目がいくかと思います。

逆に何をみて、
何を美しいと感じますか?

と意地悪な質問がもっとできたら、
視点が広がるように思います。

美はどこまでも、
自分の心で感じ、
自分が決めることが軸だと思いますので、
第三者の言葉を
そのままネガティブに捉えるのではなく、
また第三者が美しくするわよ!と先に述べたことに
自然に違和感が持てるのではないでしょうか。

そもそも第三者をどうこうしようとする発言自体、
おかどちがいと言いますか責任のない発言で
あなたはそう感じるのね、でも私はそう思わないわ。
という考えの軸さえ持てたら、
第三者の考えと自分の考えから、しっかり線を引けます。

例えば、私には4つ離れた姉がいるのですが
20代前半に172センチ、10頭身の容姿を活かして
ショーモデルの仕事をしていたときのこと。

名古屋の某モデル事務所に所属していたのですが
同じ事務所のモデルで
姉から見て、お世辞でも飛びぬけた美しさとは言えない同僚がいて、
その方が、仕事が絶えない人気モデルだったそうです。

なぜ、仕事が絶えないか姉に尋ねますと
明確な答えが返ってきました。

「彼女は、自分自身に断固たる自信を持っている。」

一般人からかけ離れた作り物のような生まれつき美しい容姿を活かした職業は
一見、人気商売に見えるかもしれないけれど
その厳しい世界でも勝ち抜ける人と、消えてしまう人がいる大きな違いは
ある程度の外見は数割で、
あとは自分の中だけにもつ’自信’と姉から聞いた時は
流石に考えさせられました。

まさに、第三者の考えと自分の考えから、しっかり線を引けている
分かりやすい例かと思います。

また自分を全否定している方もよくおられますが、
たいていは過去に、第三者から言われた言葉のまま鵜呑みにして傷つき、
これ以上傷つかないようにする守りから
開き直っている姿からは、残念ですが、
他人をよせつけない冷たさを漂わせてしまいます。

美はどこまでも
自分の心が感じるもので、自分が決めるもの。

これまで、バービーちゃん人形かと思うほど、
容姿端麗の数名を担当したことがあるのですが、
エステティシャンの立場から、
「あなたは私が施しようがないほど美しいです」と、
どれだけ伝えても
事務所に顔がむくんでいるといわれたから
エステに行かないダメなんです、
と、自信なさげに通い続けるんですよね。

商売面でみたら、お越し下さるのは大変有難いことなのですが
やはりその姿は痛々しく、
スクリーン上で自信を持って立てているように
いつか自分に自信が持てる日がきますように、
と切に願ったものです。

美容整形をやめられない話題のヴァ〇ラちゃんや、
韓国の扇風機おばさんは、
自分を止められない例なのかもしれません。

美容整形も、
適度なケアとして利用できるのはよいかもしれません。

また、美魔女と呼ばれる
代表格のような美しい女性は確かにおられますが
やはり、適度なケアから
はみでてしまった行き過ぎた美は、
年相応ではない違和感を感じずにいられません。

クリニックからしたら
いいお客さんかもしれませんが、
その人の幸せがそこにあるのか、
疑問です。

話を冒頭にもどますと
私自身、過去自分に自信をまったく持てず
悶々とした時期があったのですが
日々の生活の中で美の在り方を考えるようになり、
その真意をようやく理解できたのでした。

言葉にすると軽くなってしまいそうですが、
エステティシャンは人であり、
私もそのエステティシャンなので、
私自身が自信のなさを伏せ隠したまま前に進むのは
等身大の自分からかけ離れるので、
過去の自分から今の自分へ線を引く意味も含め、
午前中のブログを更新しました。

目を覚ませ!と、
もし過去の自分をどつけられるのなら
容赦せずにどついているところですが、
私の中では、もう整理できた考えです。

なので、過去にさかのぼり、ブログを読んで下さって、
今と違うじゃん!と
どうか誰も怒り狂われませんように。

そして、もし勘違いをさせてしまった方が居られましたら
この場を借りて、お詫び申し上げます。

もっとやるべきこと、
向けるべきことに懸命になり、
目の前のことを丁寧に尽くす生き方のほうが
どれだけ心が健全で、豊かな人生なのかと、
そんな気がしてなりません。

私が経験したことの整理、
そしてこれからの備忘録のために
毎日の暮らしの中で
気づけた小さなことを大切に紡いでいきたいです。

エステサロンを構え、
エステティシャンを本業にしていた頃とは
今は明らかに状況が変わりましたが、
それでも今も尚、
エステティシャンとしてビゼンを地道に続けることができているのは、
主人の温かい理解に恵まれ、
また、引き続き利用して下さる理解ある方々のおかげです。

本当にありがたい以外の、
なにものでもありません。

いつもご利用下さっている皆様、
本当に有難うございます。

引き続き予約を頂きまして、
担当させて頂くフェイシャルやブライダルエステは
これまで頑固にこだわってきたリフトアップ小顔というより、
’美の在り方’という軸を意識しながら
技術を担当出来ればと思っています。

営業エリアは、
今のところ、愛知県三河地区近隣とさせて頂いております。


また、引き続き通信販売でご注文を頂いた購入者さんには
メールやSNSなどから
フォローという形を引き続き取らせて頂き、
スキンケア講師は、
今のところ活動予定を組んでおりません。

これからは
辛いことほど、美のスパイスに変えてしまい、
それでもしんどい時は、もっと煮込み、
人生をもっと味わい深いものにいっそ仕込んでしまい、
その過程を、’美の在り方’として、
自分なりの考えを整理する場としてブログを活用します。

そこから、一つでも、お仕事へ繋がったのなら、
ある方の言葉をお借りしてしまいますが、
それこそ、ありがたさ、以外何もありません。

これからも不定期で、
’美の在り方’に焦点を絞り、
あくまで自分の整理のためにブログを更新して参ります。

それでは、今年お世話になった皆様へ。
そして、ブログを観て下さっている皆様へ。
どうぞよいお年をお迎えください。

エステティシャン美知






=======================
=======================
posted by 美知 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185195167
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック