元エステティシャンが送るオーガニックよりなブログ

2019年10月31日

エステティシャンとしての大切なご報告。






当店ビゼンを応援して下さっている皆様へ、
そして、初めて当ブログをご一読下さる方へ。

今回のブログは、考えて考え抜いて辿り着いた答えを
エステティシャンというお仕事に就いてから今日までの
印象深かった点をブラシュアップしながら、ご報告させて頂きます。

長い文章にはなりますが
気持ちを込めて更新しましたので
ご一読頂けたらとても嬉しいです。

(この記事は10分くらいでご一読頂けます。)




エステティシャンを目指したきっかけ。

今から19年前、私は未経験者として
名古屋市今池にあった某エステサロンに就職をしました。

そこで担当した業務は、技術者ではなく営業職。

隣部署で活躍するエステティシャンの職種に興味を持ち、
その後、転職した大手エステサロン社からエステティシャンを目指しました。

エステテクニックの理論を頭に叩き込み
マニュアル通りに手先指先を動かしながら
リラクゼーションを保ちながら会話を展開していくなんて、
難しいにも程がある!と感じていた仕事も
慣れていけば楽しさすら見出すようになり、
エステティシャンのスキルをもっと高めたい深めたい、とその後、職種は変えず勤務先を変えて、働き続けました。

ところが、どこのエステサロンに勤めても、
目の前の課題だけでも必死なのに技術以上に求められたのは
営業ノルマでした。

殺伐とした現場も、無我夢中で乗り切り、数字さえ達成してしまえば、
面白さと共に、自信や責任感すら芽生えたものです。




一歩踏み出し、見えたこと。

200610031333000.jpg
5.jpg

いつの間にか芽生えた技術者としての意識が、
独立の一歩となり、
出身地の愛知県西尾市で出張エステとして起業をしてから、
半年後東京へ向かいました。

背中を押して下さったある社長さんたちのおかげで、
出張エステの非店舗型から初の店舗(建築会社内のシェア)の営業が叶い、
上段画像はそのテナントの正面玄関。

半年お世話になったそこの立地は、
山手線目黒駅からさらにバスに乗り継いだ先の
目黒区碑文谷の閑静な一等地にありましたが、
大都会でのアクセスの不便は
営業の最大リスクだと思っていました。

そんな私に、言い訳ばかりを並べ結果を出せないまま諦めるのか、
それとも、発想の転換に変え実を結ぶまであきらめず続けるのか、
お借りしていた建築会社社長の問いかけは
商売のいろはを教えようとしていました。

本当に感謝しています。

下の画像は、エステティシャン6年目の私。
上京した翌年、麻布で営業中に撮ってもらいました。




数値化できないサービス。

「これだけ洗練されたハードが整う大都会だからこそ、お客様の心に残るソフト面を大切にぜひ成功して下さい。」

確かこんなニュワンスだったかと記憶していますが
岡崎市出身者で、究極のリゾートと賞賛されるアマンリゾーツに感銘を受けた
カシータレストラン経営で成功されている高橋滋さんを上京間もない頃、訪ねました。

頭のてっぺんから足の先まで、何もかも完璧な風貌。

面と向かってお話しているだけで
私はガチガチになり、聞きたいことも聞けない中、
緊張をほぐすかのように一言一言
丁寧に言葉を紡いで下さる人としての温かさを感じる紳士な姿勢に
成功者のオーラを見ているような気がして、
感動で心が震えたのを今でも覚えています。

高橋さんが私に伝えたようとしたのは
マニュアルを超えた、ホスピタリティやおもてなしの
人の心が温かくなるようなサービスの本質でした。

自分にとって真のサービスとは、何なのか。
どんな目配り、気配り、心配りをしたいのか。

提供側自身が、配慮とは何か、心地よさとは何なのか、
自分の足で確かめに行って、
自分の肌で、五感で感じ取る。

そして確かめたことを、自分の仕事に活かしていく。

指示されて動くのではなく、
自らで気づき、どう動けるのか?

だからと言って、私はプロフェッショナルよ!
と胸を張れば張るほど、温かさから遠のき、
近寄りがたいギスギスとした雰囲気になってしまうし、
カジュアルさと、品位あるちょうどよいバランスが一番難しいと思ったものです。

その感覚は自分自身でしか磨く方法はないからこそ。

同じ人間なはずなのに、
私とのすべての違いに、自分がちっぽけに思えてしまい、
その域に飛び込むには勇気がいることでした。

しかし、エステティシャンはお客様に直接触れるので
技術者自身が放つ空気感そのものも、
サービスの質を確実に左右してしまう。

ここがお客様を惹きつけるサービスの本質だと
高橋さんの一言一言が、キャリアを積むたびに
深みを増していくのでした。




予約一件の重み。

5.jpg

会社にとって、採算が取れなければ存続できないように
技術者にとって、予約は何よりの生命線。

ではあるけれど、予約ばかりに気を取られてしまうと
値下げをしてみたり、
どこへ行っても、誰といても、人との出会いや時間のすべてが予約に繋がるのだと錯覚してしまう。

約束のないオフな日は、手の平からチャンスをこぼれ落としているような感覚すらなり
仕事思考から自分を切り離せない。

思いつく、ありとあらゆる対策をし尽した自分の中で辿り着いた結論は、
意外なところにありました。

おのずと結果がついてくることもあれば、
ついてこないこともある。

私は、努力は報われると本当に信じていたし、
イメージし続ければ、お店は繁栄し続けるものだと
自分に呪文のように言い聞かせ走りました。

しかし、シナリオ通りにいかないこともあるのです。

その現実を受け入れられるようになったとき、肩の力が抜けたと同時に、
予約1件の重みや難しさと直面したものです。

画像は、京橋でスキンケア講師をさせてもらったセミナー中です。




不安を味方につけられたら。

6.jpg

「自分が全く予測しない球が来た時にどう対応するか。それが大事です。
試合では打ちたい球は来ない。好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。」

今月、引退セレモニーをしたイチローさんの言葉ですが
努力が小さな実をつけ始め、
安泰かと思えるような売上の波に乗った矢先に
いたずらのごとく起こる、突然の予期せぬ事態。

それらは、経済の不況、取引先の突然の倒産、天災、自身の体調不良、
いろんな形で時間を択ばず、訪れます。

本当に、何の前触れもなく突然やってくるんだなあと
今でも忘れもしない2011年3月11日。

「予約1件の重み」に重複しますが
だからといって、常日頃から不安にさいなまれ、動けなくなるようでは本末転倒だけれど、
突然の不測が起こることもある、
予期せぬ不可抗力が働くこともある、
と自分の頭の中身を切り替えられた時から
物事への視点が’カチッ’と切り替わった音を聞いたような気がしました。

画像は、ビゼン南青山店での店内。





自分の限界を受け入れる。

沖縄那覇サロン_サロン内.jpg
4.jpg

自分の限界を冷静に見極めて、受け入れている方って
心から魅力を感じます。

なぜなら、自分の限界と向き合うということは、
自分の至らない弱さや不甲斐なさを直視するので
どうしても痛みを伴うからです。

だからこそ、弱さを認めたくなくて、
見て見ぬふりをしてしまうのでしょうか。

「自分の限界を知る」ことは一筋縄でいかないからこそ、
それができるのは、仕事人として’一つのスキル’なのかもしれません。

私事ですが一昨年の結婚を機に、
生活の変化なのか、年齢なのか、今だ分かりませんが
明らかに体力、視力、指先の感覚など、
技術者としての絶頂期を過ぎたような
鈍っていく小さな変化に気づき始めました。

重ねて、ビジネス第一線で貫いていた頃に比べますと
時間、予算を存分に全うするにも
現実的な厳しさがあります。

改善できることはとことん尽くして
結婚生活より、すべての最優先順位を仕事に貫く道も
正直できなくはありません。

一時は、引っ越した今の新居の一室で
プライべートサロンを開こうと試みた時期もありましたし。

それに、画像や動画の編集、メイキャップや照明を活かせば
どれだけでも美しく魅せられますし、
全盛期の実績を引っ張ってきて
活き活きとした成功者を演じることもできます。

また、実年齢とか、予約の件数とか、
私さえ拘らなければ、たとえ60歳を過ぎようと
お客様のご要望を頂ける限り、
技術者を続けることも可能です。

「継続こそに力なり。細々でも、継続こそに意味がある。」

この風潮も、私なりにはよく、よく理解しているつもりです。

もちろん、これらは私の課題に過ぎません。
考えすぎているのかもしれません。

しかし、受け入れざるを得ない状況は
着実に自分の目の前で起こっているのに
そこを敢えて伏せて貫こうとするのは
本当に私が望んでいることなのか?
フェイクな自分ではないだろうか?
受け入れられない在り方から逃げようとしていないだろうか?

そんな疑問を抱くようになりました。

目の前にある時間、技量、体力、環境の中で、
無理なく、偽りなく、続けられる許容範囲は一体どこなのか。

お客様の素肌に直に触れるデリケートな職種だからこそ、
自らの冷静な判断がとても重要になります。

今の生活を選んだ以上、
私のエステティシャン人生はここまでなのかもしれない
と自分の限界と向き合えたと同時に、
エステティシャンを退く決意を致しました。

画像は、去年、結婚してから始めた新生活を送り、幼馴染とランチに行った時です。



元エステティシャンとしての今後。

5.jpg

私は、エステティシャンのお仕事が好きです。
元エステティシャンになっても、「美」とは、何かしらの形で関われたらと思っています。

そこで、これまで培ってきたノウハウや知識を何かの形で活かせれたらと、
今後は、元エステティシャンとして
当店ビゼンが取り扱うスキンケア化粧品通信(フェースメンバーズクラブ)は
継続的に販売させて頂きます。

ですので、小売店ビゼンは営業は続きます。

カウンセリングのみの対応になりますが
お肌のお悩みは、これまで培ってきたノウハウを活かしながら
遠方や海外のお客様にもフォローアップさせて頂きますので
引き続き、お気軽にご利用下さいませ。

これまで通り公式HPのURLや、メールアドレスは変わりませんが
エステの提供をしなくなりますので公式HPがリニューアル致します。
尚、これまで当店ビゼンのエステテクニックをご利用下さった際の
ご質問、お問合せ等ございましたら、これまでと同様のメールアドレスから承ります。

公式HPリニューアル 2019年10月31日

ご質問・お問い合わせ先
専用フォーム、又は、mail☆bizenjapan.com
☆=@に修正して下さい。

そして、「私にとっての居心地のよさ」をテーマに
不定期でブログを更新しておりますがこちらも、
元エステティシャンの立場に変わりますが
引き続き日々の暮らしの中で感じた心の整理や備忘録として
楽しみながら更新したいと思っています。

引き続き、当ブログもぜひチェックして下さるととても嬉しいです。

リフトアップ小顔・ブライダルエステビゼン公式Facebookと
スキンケアセミナー公式Facebookは、11月中に告知なくクローズする予定です。

これまで、チェックして下さった皆様へ
本当にありがとうございました。

あとは私事になりますが、
今まで通り主人の会社の経理事務と、週数回の経理事務のパートのお仕事も続けつつ、
元エステティシャンという立場から
新たなことに挑戦しようと準備をしています。

世界中と繋がる分野に飛び込もうとしているので
正直不安ばかりですが
この分野なら、もしお仕事として成り立っても
プライベートとの両立も可能であるし
元エステティシャンのノウハウもしっかり活かせそうなので
怖がらずアクティブにトライする気持ちを
これからも大切に維持したいです。

詳細を公開できるタイミングがきましたら
このブログからお知らせする予定ですので
そちらもぜひチェックして下さると嬉しいです。

画像は、偶然にも今、主人の出張同行に
東京都内へ来ておりますが
移動中の車内から撮影した富士山です。



さいごに。

私がもし、エステティシャンの職種を選ばなかったら・・・

大切なお客様や、お仕事やプライベートを通じて出逢えた方々、
素敵な場所、
思い出すだけでもワクワクしてくるあれこれ、
そして自分の弱さと向き合ったこと、
これらすべての経験は
技術者のお仕事を選ばなければ、できなかったでしょう。

そんな最高の経験たちは私の中の引き出しへそっとしまい、
必要なタイミングで、開けたり閉めたりしながら、
新しい変化や挑戦から自分を遠ざけるのではなく、
アクティブな人生を送りたいものです。

豊さや、やりがい、楽しさは、
自分で選べるはずなので。

やはり、基盤には健康と家庭ですので
お仕事もプライベートも、とにかく無理しすぎずバランスを保ちながら
現役だろうとなかろうと、
等身大の自分の中に、最高の経験を強いパートナーにして
「ちょっと頑張れそうだわ。」くらいの在り方でいられるのなら
最低限世間様に迷惑をかけない範囲で
大抵の困難は乗り越えられる、そんな気がしております。

何を目指しても不安になるものだし、
未知な分野に挑戦するのは怖さも、セットのようなもの。

何事も、行き過ぎてしまうと
どこかに不具合が起きてしまうもので
気合いや熱意だけでは貫けない、それが現実なのかもしれません。

そこに気づかせ、体当たりで教え、
忍耐力を養ってくれたエステティシャンのお仕事には
感謝してもしきれません。

長くなりましたが
私エステティシャン美知をこれまでご愛顧下さり、
心より、心よりお礼を申し上げます。

これから私がプロのエステティシャンとして
料金を頂戴してトリートメントを担当することはございませんが
元エステティシャンとして
改めまして今後とも宜しくお願い申し上げます。

2019年10月31日

ビゼン 元エステティシャン  加藤美知












次項有ビゼン公式HP bizenjapan.com
mail toブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to


posted by Michi at 07:00| Comment(0) | 告知

2019年10月29日

移動の一日。

2.jpg

今日は一日雨でしたね。

私は主人の関東出張に便乗するために
午前中にお仕事を済ませ、
その足で関東へ向かいました。

東海地方も関東地方も、今日は一日雨のお天気。
高速道路へ入るや否や、まるで、雲の中に突っ込んでいく航空機を思い出させるような濃霧。

ここまで、真っ白な霧を久しぶりに直面したので
幻想的な光景に目を奪われつつ、晴れの日以上に安全運転に心がけました。

さすがにこれだけの濃い霧ですと今回の移動で
富士山はみられないだろうと思っていたら
運よく一部だけ霧が切れていました!

霧が風情を演出しているようで本当に美しい光景に出くわせましたよ〜。

第二東名を走行したのですが
完成された新しい駿河湾沼津SAへ立ち寄ってみたのですが
とってもかわいらしいエリアで撮影せずにはいられなかった。汗。

1.jpg

こちらは2Fのお手洗いなのですが
リゾートホテルみたい。

なんだか嬉しくなってしまった。

2.jpg


そんなこんなんで、のんびり走行していましたら
雨の事故もなく、渋滞も無く、無事目的地へ到着できました。

1.jpg

↑霧で思い出しましたが、
雨上りのある日、近所でこんなにも
幻想的な光景を撮影することが出来ました。

ピンク色の夕焼けの地上側には
白煙のような霧!

あまりにくっきりと言いましょうか、
霧を通り越して白煙のようです。






mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月27日

お仕事のお供。


10.jpg

一昨日の岡崎市は、日中かなりの豪雨で
一時警報が発令されましたが、幸いにして、大事には至らず、翌日には大きな虹を空に描いてくれました。

画像ではうまく残せなかったけれど
なんと二重。旦那さんが送ってくれました。

三河地区は、今はとても恵まれた地域ですが
天災は場所を選ばないものなので、
自分の気持ちだけは何が起こってもおかしくない身構えをもっておきたいものです。

さてさて、10月はデスクワークの時間が多く、
愛用の紅茶がきれてしまったので
買いだめをしました。

16.jpg

私が住む三河地区では、これから冬に向け、日に日々乾燥していく季節なので
油断すると喉をやられます。

なので、はちみつを紅茶に混ぜたり、
レモンやジンジャーも取り入れて、
温かいドリンクをお仕事のお供にしています。

私事ですが、10月末には個人的な大切なお知らせがありまして、
数日後には県外へ3泊出てしまい、デスクワークができなくなるので
今、準備の最終段階。

こんな時、購入した紅茶のおかげでさらにモチベーションを高める。

そしてそして、月が明けてしまうと
いよいよ年内2か月を切ってしまい
師走に向け、一気にかけ走ります。

年内やり終えたいこともTODOリストに挙げ、
ひとつづつやっていけたら、達成感と共に年越しを送れるはずなので
頑張ってまいりましょう〜







mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月22日

結婚パーティへ参加しました。

wedding.jpg

今日は、即位礼正殿の儀で日本中が祝賀なムードに包まれた一日でしたね。

私は、自宅のテレビで報道を視聴しましたが
日本文化継承の貴重な瞬間を垣間見ているようで
神々しい美しさと厳かな気持ちで感動致しました。

さて。

話は変わりまして
前回のブログから日が経ちましたが
一昨日、お友達の結婚パーティに参加しました。

キラキラムードにいっぱいに包まれ、
綺麗だったなあ。

ドレスは、なんとお母さまのお手製。
とっても素敵でした。

私は、新郎新婦共にお友達で
お二人とっても和やかな幸せオーラをはぐくみ、
私まで温っかい気持ちに満たされました。

21.jpg

会場は、蒲郡市のラグーナ敷地内でしょうか。
casaレストランで開催されたのですが、
お外に出ますと、海を一望できるナイスビューなレストランで
お二人にぴったりな大人な雰囲気。

個人的にも気になった素敵な会場でした。

ご夫婦とは、10代後半から20代にかけて趣味を通じて出会ったお友達なので、個人的には、ゲスト陣の中に20年ぶりの再会もありました。

みんな相変わらず元気いっぱいで
当時にタイムスリップしたような
フレッシュな時間を過ごしました。

パーティの終盤には、
ビンゴゲームにちなんだ恒例のゲームが催されましたよ〜。

会場内ですが、
フリー席でしたので、各々好きな席に着席していたのですが
着席していた椅子の裏には、テープでとめられた封筒が準備されていました。

封筒の中にあるカードに書かれた番号を呼ばれたら
プレゼントを頂けるという、なんとも恐縮ですが盛り上がるゲームです。

私は、主人と二人して、
過去この手のゲームで商品を当てたことがなかったので
どうせ当たらない、と放置していましたら、
なんとなんと〜、夫婦して、当選しただけでなく、
一等賞のGO PROが当たりました。

22.jpg

信じられない。
今年の運をすっからかんになるほど使い果たしたような気分です。

なんと言いましょうか、実はカメラを近々購入しようと思っていまして
GO PROか、キャノンをリストアップしていたので
このタイミングには正直驚いてしまった。涙。

最後に、テーブルにある生け花を花瓶事持ち帰って下さい、とのことでしたので頂きました。
かわいい。


26.jpg

実は、この日に向けて
先々週からダイエットに取り組みまして、
10日間で3キロのダイエットに成功しましたよ〜!
のですが・・・この続きはまた別の記事で公開しますね。

お二人の幸せなオーラを見られただけでなく、
楽しい時間と、
嬉しいプレゼントまで頂いてしまって、
とても素敵な時間となりました。

改めましてこのたびはご結婚、おめでとうございます!
末永く幸せな家庭を築いて下さいね〜。





mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月12日

備えあれば、台風対策。





予定では、私も主人も本日お仕事が入っていたのですが
連絡が入り、お休みになりました。

岡崎市は、朝の時点で今のところ雨。
でも、東海地方に接近中なので昨夜対策をしました。

玄関、ベランダの鉢植えを室内にすべて移動。
自転車も室内へ移動。

浴槽には満タンに水を張りました。
断水の備えです。

次に室内のすべての窓の施錠。
そして、自動車は、窓がちょっとでも空いていないかチェック。

キッチンでは、2Lの飲料水を何本か準備。
備蓄している食材は結構量あるので1週間はなんとかなります。

コンロと満タンのガスは2本あり。
懐中電灯もOK。ガスや電気が止められても、困らないないように。

PC上にある必要なデータは、すべてダウンロードできる場所へ移動済。

あとは、絆創膏や消毒液は常備しているので、特に問題なし。

軍手やゴム手袋は、主人の仕事上常備しているので、これも問題なし。
これくらいの備えをして、ひとまず安心しています。

私は去年、4年10か月移住していた沖縄那覇から三河地区へ戻ってきました。

うちなんちゅー(地元の方)の方の台風に対する危機感や対策は、
ないちゃー(県外出身者)からすると万全すぎるほどでは、と感じたものでしたが
実際に台風の脅威を経験してしまうと、嫌でも理解できるもので。

私のFacebookアカウント上に
数年前撮影した台風動画が残っていました。

強風で信号機がひんまがるのは珍しくないので、
人は軽々飛ばされてしまうし、
大木や看板が飛んでくるのは珍しくない。

なので台風中は、とにかく、家から一歩も出ない。
これも、できる台風対策の一つです。

気を付けられることをしっかり整えて
私も、皆さまも台風お気を付けくださいね。


そういえば・・・

昨夜の男子バレー、エジプトに勝利しましたね!
祝!選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

なんと、エースの石川選手が岡崎市出身だったと
先日知りまして、ますます盛り上がってしまいましたよ〜

しかも、ラグビー日本代表にも岡崎市出身者の選手がいたりと
詳しい方に教えて頂き、ほかのスポーツアスリートにも岡崎市出身者が数名おられるようで
なんだか、自然に岡崎住民でいることに誇りと、刺激を受けました。

それでは、予報によると東海地区は今日が山場で
明日には雨が上がるそうなのですが
今日から月曜日まで、私はたっぷり引きこもって、
デスクワークに没頭したいと思います。









mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月11日

リニューアルに向けて。

1.jpg

今週は、旦那さんの朝の出発が早いので
お弁当を作るために私も朝5時起きでございます。

早起きはちょっとしんどいけれど、
朝起きたての一瞬が辛いだけで
ちょこっと動き始め体がシャキッと切り替わってくれると
長い一日を過ごせそうで、なんだか得した気分。

ということで、旦那さんを見送ってから
私の出発時刻まで1時間半あるので
デスクワークにはいる前に朝一ブログ、更新します。

私はビゼンというサロンをやっておりまして
公式HPを持っているのですが
内容を一部変更したいたびに
いつも決まったプログラマーの方にお願いしています。

東京都内の新橋のコンサルティング会社に勤めていた時からお世話になっているので、かれこれ9年!すごい!

9年も依頼し続けているのは、
私の好きなセンスで仕上げてくれたり、
こちらの希望を汲んでくださるので、
とても助かっているからです。

ということで
当店HPをリニューアルしたいと
長らく考えていまして、ラフの準備が整った先月から依頼し、
何度かやり取りを繰り返した後、昨夜ようやく準備が整いました。

Kさん、いろいろ配慮下さり、ありがとうございました!

あとは、残す私の準備を完成させ、更新を待つのみ。
リニューアルは、今月末です。








mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月10日

43歳のファスティング、始めました。

1.jpg

週末にかけてじわりじわりと台風が近づいているけれど
今日も岡崎市の朝は穏やかな晴天。

でも、かなり気温が下がってきていて、半袖では肌寒いくらい。
風邪を引かないように注意しなくちゃいけませんね。

さて、今月末にパーティがあるのでそれに向けて
ファスティングダイエットを始めました〜。

食事から食事まで一定時間を設けて、その間はお水以外、一切食事をしない方法です。

私の場合、ちょっこっとアレンジを加え、
食事をしない間は
お水、炭酸水、ティー、ブラックコーヒーと
糖質の一切入っていない水分は飲んでもいいことにしています。

食事して、15時間おいて、また食事を繰り返し、
昨夜21時に頂いた食事が3回目のファスティング経過です。

21時に食事といっても
その後、寝るだけなので、軽食で済ませ、
ヨガをしたり、23時過ぎに休みました。

21時後の食事は本日、14時ランチが予定です。

ところが、ファスティングを始めてから旦那さんと夕食を共にしていないので
ちょっと不機嫌気味?(笑)なので、本日19時のディナーまで食事を控えます。

ファスティング中の唯一のご馳走のために
珈琲と紅茶を買いました。

何と言いますか、味覚が敏感になっているので美味しく感じる。

ファスティング中、自転車を使ったり、ヨガをしたり、
軽い運動も取り入れ、
4日、もしくは5日続けて、2キロ減量出来たら御の字だなあなんて
取り組んでいます。

先日、3年ぶり?くらいに
SNSのメッセンジャーで16年来のお友達と楽しい女子トークで盛り上がったのですが
ここでもダイエットというか、アンチエイジングの話題。

関東へ行くことがあったら、このお友達と再会したいので
その時にがっかりされないためにも自分磨き頑張らないと。

さあ、結果はいかほどに。

5.jpg

珈琲や紅茶のお買い物ついでに、ドラッグストアコスメを買い込みました。

恥ずかしいことですが、昨年から主人と一緒に生活するようになり
コスメをほぼ買わなくなりまして。汗。

女性として、美しくいたいという気持ちが覚めてしまってはさみしいものですから。

そして、そして。
只今、あるリニューアルと、新しいチャレンジの準備に取り掛かっていて
相棒がPCになっているので、
一日の大半をデスクの前で過ごしていますが
ダイエット中なので、ちょうどよいですな。

それでも、食べたい衝動に駆られた時には
「これは、抹茶ラテだよ」と自分に言い聞かせて
無糖のお茶を味わっております。

40代以降のダイエットは
自分のあった方法を見つけること、
そしてストイック過ぎないこと、これが肝ですぞよ。




mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月09日

秋のドライブ:岐阜県編、完。

19.jpg

晴天!秋晴れ!の岡崎市でございます。
ちょっと肌寒さはあるけれど、秋の香りを感じられるようで心地いい〜

こんな日は朝からのデスクワークがはかどる。

6.jpg

前回の記事に続きまして、
トヨタスタジアムで開催された日本VSサモア戦の道路整備の名残がある中、
岡崎ICから入り、宙に浮かぶ川は板取キャンプに向かいました。

道中、私たちの好奇心をくすぐる場所をまた発見。

そこは、板取川 洞戸観光ヤナ(読:ほらどかんこう)でした。

4.jpg

上の画像は、竹で手作りされた仕掛け。
太い縄を綺麗に編み込み、竹の隙間からは流れる川が見えて
立っているとギシギシ音がして、ちょっと怖い。

川の水の透明度は高く、
触れてみるとひんやり。

とても美しい川です。

1.jpg

川沿いに面した鮎を楽しめる食堂がありまして
そこで鮎焼きだけを頂きました。

1.jpg


テーブル毎にグリル機が設置されていて、
串刺しにされた生の鮎に、
テーブル脇にあるお塩をセルフで振りかけて、セルフで焼く。

体半分、次に反対。
そして、鮎を立てて背の部分と、裏にして、おなかの部分までじっくり焼き。

グリル機に近づきすぎるとこちらまで熱くなるので
やけど注意です。

画像のようにじっくり焼けるので
後は、備え付けのお味噌、醤油、お塩などお好みで頂けます。

川魚って、どうしてあんなにたんぱくなのに
美味しいのでしょうね。

臭みが全くなく、ほろほろと口の中で溶けてしまうそう。

私たちが頂いたように鮎1匹620円だけの食事もOKですし、
コース料理も選べます。詳細はHPがあるそうです。

なんかもう、最終目的地に到着する手前で満足してしまい
食べ終えた時点で15時過ぎていたので、
今日のドライブはここを最終地点にして岐路に向かいました。

宙に浮く川はまた別の機会に。

この日の夜は、男子バレーの日本VSアルゼンチン戦が放映されていたので
手に汗握りながら応援しました〜
大勝利!に感動してしまった。

秋のドライブ、完。



mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月07日

秋のドライブ、岐阜県編。


9.jpg

岐阜県のとある場所に、宙に浮いているように見える川あり。

透明感高いため水の上を浮いているような撮影したくなるそこへ
TV番組で知ってから、行ってみたいと思っていまして、
そこは板取川です。

先日、急遽2時間で仕事を終えた主人と向かい
私たちが出発した岡崎から
東海北陸自動車道をひたすら北上。

偶然立ち寄った美濃加茂SAのぎふ清流里山公園が予想外に楽しくって
その画像たちです。

景色を眺めて、お散歩しているだけでも
秋を全身から感じられる。

8.jpg

子供たちが楽しめそうな巨大アスレチックスや、
画像ではうまく見えないけれどオレンジ色した綺麗な銀杏が実をつけていたり。

6.jpg

なぜか巨大金魚が登場したり、
けん玉で遊べたり、
足湯で温まれたり、楽しいパークだった。

5.jpg

JAの売店で、主婦のお買い物。

めちゃくちゃな巨大なめこ300円や、
人参はあれだけはいって100円や、
生姜は150円や、
見事なぷりぷりしいたけが300円や、
無添加のシソふりかけは200円くらい。

1.jpg

材料たちはお味噌汁の具材にして
たっぷり秋を頂きたい。

あとはニンニクは190円や、
沖縄ではたびたび購入していた四角豆は100円でしたよ。

栗は、道中またまた栗の木がところどころにあって
また、(笑)拾ってしまいました。

小腹も空いたことなので、ランチを済ませてから
板取川へさらに車を走らせる。

続く。



mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月06日

乙事主?


5.jpg

先日、ドライブで行った
三河湖周辺のとある飲食店のだだっ広い駐車場の脇におられた猪。

どこかで見覚えがあるような・・・
そう、もののけ姫の映画に登場する乙事主様。

主の若かかれし頃かな。

下歯と言えばいいのか、するどい牙は安全対策のためかカットされて
動きも穏やかな。

無計画の秋のドライブ、意図しない出逢いが待っていて楽しい。







mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============

2019年10月01日

好きなことだけをして、自由な人生を手に入れよう!

1.jpg

10月、ですね。

秋の香りに誘われ、仕事が休みになった主人と
所要を済ませた午後から三河湖までのドライブを楽しんだ。

そんなに広くない三河湖を一周しながら
途中、舗装されていない箇所もあったりして
アスファルトのいびつ感が、日本ではないどこかの海外へ居るようなロケーションを思わせ旅行気分に浸った。

道中、栗の実が落ちていたので、栗拾い。
秋を締めくくったような気がした。

好きなことをする時間。

好きなことだけをして、自由な人生を手に入れよう!という時代の風潮に
飲まれないように居たい、とつくづく思う。

一人1台のスマートフォン時代に
調べたいことも、お買い物も、余暇も、出会いも、人間関係も、人によっては仕事をも与えてくれ、
これ1台で人生を満たしてくれる。

おまけに、好きな情報だけを受け入れることができるし、
気のあいそうな好きな人だけ集まるコミュニティに関わって、
心地のいいことだけを受け入れることだって徹底できる。

これってつまり、
自分にとって、不都合で耳障りな、
自分にとって不快な人やコミュニティは拒絶してしまえ、て追求も可能であるし、
やろうと思えば、外出せず、世間様と交流せずに、食べていくことさえ可能。

でも、心地よい空間だけの生活、
不都合な不快な環境を受け入れない、
こうした生活感一色それだけでいいのでしょうか。

好きではないことを一切受け付けなくなってしまった暁には
どんな自分が待っているのでしょう。

考えるだけでも怖い。

「試しに今日スマートフォンを触らない日を送ってみようよ!」と
冗談半分に主人に話したら半キレの顔だった。
ゲームがお友達ですので。汗。

思いもよらない新しい発見が
あるのかもしれないのになあ。

栗拾いが楽しいと心底思えてしまう私は、もう古臭い人間になりつつあるのだろうか。
好きなので仕方ない、楽しいものは楽しい、ものです。

そんなこんなで、今日から10月です。




mail to当ブログの感想やご意見はメッセージフォームをご利用下さいmail to
=============
エステサロン ビゼン
=============
Powered by さくらのブログ